よろしければこちらもご覧ください

One-to-Oneマーケティング支援を行うディレクタスは10月20日、企業やECサイトから配信されるEメールをユーザーがどのような環境で閲覧しているのかを調査し、その結果を発表した。

調査結果によると、メールマガジンを受け取る際に登録しているメールアドレスは、Yahoo!メールアドレスが最も多い37.0%。次いでプロバイダのメールアドレスが26.3%。多くのユーザーがYahoo!メールかプロバイダのアドレスで登録していることがわかった。

メールを受信しているユーザーが閲覧しているデバイスについての回答結果を見てみると、パソコン(windows)での閲覧が最も多く89.0%。続いてスマートフォン(Android)が18.4%、iPhoneが14.0%。合わせると32.4%がスマートフォンで閲覧していることになる。

フィーチャーフォン(ガラケー)での閲覧は4.8%。ただし、この調査はパソコンでの回答を前提にしたインターネット調査のため、モバイルオンリーユーザーが対象に含まれていない。実際はスマホでメールチェックするユーザーが多いと思われる。

パソコンでの閲覧環境を見ると、32.6%がブラウザでWEBメールを閲覧しているという結果となった。続いて、WindowsLiveMailが16.8%、Microsoft Outlookが16.2%となっている。

スマートフォンでの閲覧環境は、iPhoneのメールアプリが35.3%、AndroidのEメール/PCメールアプリが25.7%、AndroidのGmailアプリが13.3%、iPhonのGmailアプリが7.1%だった。

メールやメールマガジンを受信する際、主に利用しているメールアドレスは、Yahoo!メールアドレスが最も多い37.0%、次いでプロバイダのメールアドレスが26.3%。その後は、Gmailアドレス、HotmailアドレスとWebメールが続く。携帯キャリアのメールアドレスは、2.1%にとどまっているとしている。

調査結果では、このほか、年代ごとの傾向など詳細なデータを掲載している。資料のダウンロードは同社ホームページから行うことができる。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 
タグ: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム