よろしければこちらもご覧ください

ニトリの2016年2月期における通販売上高は、前期比9.6%増の170億円だった。成長率は前の期の2桁台から落ち込んだものの、右肩上がりの成長が続いている。

ニトリの通販・EC売上高は、2015年2月期に155億円まで拡大した。初めて売上高が100億円(通期は122億円)を突破したのは2014年2月期。2013年2月期は84億円、2012年2月期は67億円で、売上高は右肩上がり。

2015年6月、サイトリニューアルの失敗で、6日間にわたり自社ECサイト「ニトリネット」が運営を休止。億単位の売上損失が発生したとみられるが、2016年2月期は増収を達成した。

ニトリの通販事業、2016年2月期の通販売上高は170億円、右肩上がりの成長が続く

ニトリの通販事業におけるここ5年間の売上高推移

リニューアルしたECサイトでは、商品詳細ページで全国のニトリ店舗の在庫情報を表示する機能追加などを実施。2016年2月にはカタログを活用した通販にも着手、オムニチャネル施策の強化を進めている。

今期に入ってからは、ロボットが物流センターで入出庫を行い、効率的なピッキングを実現する取り組みを開始した。取扱アイテムや物量の拡大、人手不足などに対応するためにロボットのシステム「AutoStore(オートストア)」を日本で初めて導入。1日あたり50人の省人化が実現するという。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム