日本郵便は5月25日、国際スピード郵便(EMS)による小口保冷配送サービス「クールEMS」に大型サイズの容器を新たに導入すると発表した。従来は小型と中型だけだったが、利用者からの大きな物品を発送したいという要望を踏まえ、6月1日から大サイズ(横51cm、縦38cm、高さ20cm)の容器を導入する。

クールEMSは、日本航空と共同開発した保冷容器を使用し、香港や台湾、フランスなど6カ国・地域に農水産物を冷蔵や冷凍の状態で配送するサービス。

新たに導入する大型は中型の冷蔵容器よりも横幅を15cm、縦幅を10cm広げることで、鮮魚を切り身にせず丸ごと送れるようにした。配送料金は最も安い台湾向けで、冷蔵が9700円〜、冷凍が1万1300円〜。また、今回の変更にあわせて、クールEMSの差出郵便局を93局から95局に拡大する。

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]