よろしければこちらもご覧ください

13兆8000億円に拡大(前年比7.6%増)した日本国内の消費者向けEC市場(2015年)。EC化率(物販系)は4.75%(同0.38ポイント増)に伸びたが、ジャンルごとを見るとEC化率の伸長にばらつきがある。

2015年でEC化率が最も大きいのは、「生活家電、AV機器、PC・周辺機器等」で28.34%(EC市場規模は1億3103億円。

28.19%で続いたのは「事務用品、文房具」で、市場規模は1707億円。同じく20%で3位になったのが「書籍、映像・音楽ソフト」で21.79%、市場規模は9544億円。

経産省発表の「電子商取引に関する市場調査」からEC化率にフォーカス、EC化率が最も高いジャンルは「家電」系で28%

物販系分野のtoC-EC市場規模とEC化率

「その他」を除くとEC化率が最も低いジャンルは「食品、飲料、酒類」で2.03%。ただ、EC市場規模は1兆3162億円もあり、今後の伸びしろが大きい分野と言えそう。

「自動車、自動二輪車、パーツ等」もEC化率が低く2.51%。EC市場規模は1874億円。「化粧品、医薬品」は4.48%でEC市場規模は4415億円だった。

経産省発表の「電子商取引に関する市場調査」に関する記事

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム