乗り換え案内サービス「駅すぱあと」のヴァル研究所は6月29日、地域の人々の生活に根ざした商品や体験を販売するECサイト「駅すぱモール」を開設した。限定体験サービスなどを販売、地域へ足を運んでもらうなどの消費行動を通じて地方の活性化につなげていく。

「駅すぱモール」は、「まだ注目されていない地域を支える“いいもの”を販売する」というコンセプトに事業を展開。開設時には福島県・会津鉄道や会津鉄道沿線地域をフィーチャーしている。

「漆器」や「起き上がり小法師」といった民芸品のほか、「ラッセル車(雪かき車)の運転体験」「絵ろうそく 絵付け体験」などの体験商品を販売する。

ヴァル研究所は1988年から、公共交通機関の乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を提供。「駅すぱあと」を通じて地方のローカル線や路線バスなど、地域に根付いているモノや人と接するなかで「その活躍を応援したい、みんなに知っていただきたい」という想いが生まれたため、新たに「駅すぱモール」を開設したとしている。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム