現在地

LINEが運営しているポイントサービス「LINEショッピング」の会員数が、サービス開始から1か月半となる8月1日時点で500万人を超えた。8月7日に発表した。

「LINEショッピング」は、ECサイトへの集客を支援するポイントサービス。「LINEショッピング」を経由して通販サイトを利用したユーザーに対し、購入金額に応じてLINEポイントを付与する仕組み。

ファッションや雑貨、スポーツ、インテリア、家電、化粧品など、150以上の企業やファッションブランドなどが参加。「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」といった大手ECモールも参加企業に名を連ねる。

特にファッションやインテリア・家具といったジャンルの商品の人気が高いという。「ベイクルーズ」「ユニクロ」「Wowma!」など人気ブランドやモールが新たに参加した。

LINEのLINEショッピングの会員数が500万人を突破

「LINEショッピング」のPC画面(画像は編集部がキャプチャ)

ポイント還元率は1~20%。LINEポイントは、1ポイント1円として電子マネー「LINE Pay」で利用できるほか、スタンプの購入に使える「LINEコイン」に交換することも可能。

「LINEショッピング」は、月間アクティブユーザー数が7000万人のメッセージアプリ「LINE」内に開設されている。

正式ローンチ前の試験運用では、「LINEショッピング」を経由してECサイトを利用したユーザーの商品購入率は平均22.8%だった(2017年5月時点)。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。編集者兼ライターとしても活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing.
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社