よろしければこちらもご覧ください

RIZAPグループは11月1日、グループ会社の物流機能を統合し、サプライチェーンの効率化を図る事業計画を発表した。複数のグループ企業で倉庫や配送センターを共有するほか、共同配送によって物流関連コストを抑える。また、人工知能(AI)技術を活用し、コンテナやトラックなどの積載効率を最適化する計画だ。

現在、RIZAPグループでは各社それぞれの物流オペレーションを採用しているため、物流業務が非効率になっているという。いわゆる、会社ごとに分断されているサプライチェーンを統合し、物流効率を高める狙いがある。

新たな物流モデルの名称は「シェアリングサプライチェーン」で、グループ全体の物流関連コストを2021年3月期までに25%以上削減することをめざす。

RIZAPグループが進める新たな物流モデルの名称は「シェアリングサプライチェーン」

「シェアリングサプライチェーン」のイメージ

グループ全体の物流プラットフォームを構築するため、4つの施策に取り組む。

  1. 国際物流における倉庫やコンテナなどの共有による積載効率の最大化
  2. AI技術を活用した、サプライチェーンの各プロセスにおける最適配分の実現
  3. 国内倉庫の統合、3PL委託および在庫管理の最適化
  4. スケールメリットを活かしたグループ配送料金の統一

国際物流の効率を高めるため、「川上の海外調達から川下の最終配送目的地(ラストワンマイル)に至るまでの一貫輸送の実現」「海外調達先から国内倉庫を経由せずに店舗までの直送による物流コストの最適化」「海外倉庫での流通加工による国内物流作業コストおよび物流コストの圧縮」といった施策も進める。

RIZAPグループは連結子会社63社で構成されており、11月1日時点で物流統合の対象となるグループ会社は以下の12社。

  • RIZAPグループ株式会社
  • RIZAP株式会社
  • 株式会社イデアインターナショナル
  • マルコ株式会社
  • 夢展望株式会社
  • 株式会社パスポート
  • 株式会社ジーンズメイト
  • 健康コーポレーション株式会社
  • 株式会社ジャパンギャルズSC
  • 株式会社アンティローザ
  • 株式会社エンジェリーベ
  • 株式会社三鈴
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

通販/EC業界の専門紙を発行する新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。EC業界のBtoB領域に特化した編集プロダクションとして活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]