よろしければこちらもご覧ください

オイシックスドット大地とヤマト運輸は11月17日、農産品の物流に関する課題解決を目的に、共同研究を開始したと発表した。

オイシックスドット大地が有する2700人の契約農家ネットワークと、ヤマト運輸が持つ輸送ネットワークを組み合わせることで、農産品を効率的に配送する物流体制の構築をめざす。

共同研究の呼称は「ベジネコ」プロジェクト。これまで生産者が個別に手配していた輸送手段を統合するなど、農産品の鮮度を保ちながら効率的に配送する仕組みを検討する。

また、ヤマト運輸の物流ターミナルからオイシックスドット大地の物流センターへ、必要な農産物を必要なタイミングで一括納品する仕組みを作ることで、倉庫への配送や倉庫内作業の効率化を進める計画だ。

オイシックスドット大地とヤマト運輸は、農産品の物流に関する課題解決を目的に、共同研究「ベジネコ」を開始

「ベジネコ」のイメージ

共同研究は2017年10月、山形県内の生産者の協力を得て開始した。2018年1月からは宮崎県でも実施する予定。2018年春まで継続する。

将来は「ベジネコ」プロジェクトをオープンプラットフォームとし、農産品に関わるさまざまな事業者の参画も視野に入れているという。さらに、物流の効率化に加え、生産者の販路拡大も支援するとしている。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

通販/EC業界の専門紙を発行する新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。EC業界のBtoB領域に特化した編集プロダクションとして活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]