現在地

ECサイト構築などを手がけるエルテックスは12月22日、通販やECに関する消費者調査「通信販売に関する【消費者調査】2017」の結果の一部を公表、大手ECモールの利用経験者は約6割だった。

「あなたがECを含む通信販売で買い物をする際に、利用したことがあるものを、いくつでもお選びください(複数回答)」という質問では、「インターネットの大規模モール」が58.8%で最も多い。

次いで、「テレビ(地デジ)の通販番組」が36.5%、「通信販売のカタログ」は29.3%、「インターネット上の独自サイト」が24.3%、「新聞の通販広告」は14.0%となっている。

エルテックスが実施した「通信販売に関する【消費者調査】2017」
EC・通販で商品を購入するときのチャネル利用率

前年の調査を上回ったのは「インターネット上の独自サイト」と「ラジオの通販番組」のみ。ECモールやカタログの利用率は近年、下落傾向にある。

最もよく利用するチャネルの上位は、「インターネットの大規模モール」(45.8%)、「テレビ(地デジ)の通販番組」(22.0%)、「通信販売のカタログ」(14.7%)だった。

エルテックスが実施した「通信販売に関する【消費者調査】2017」
最もよく利用するEC・通販でのチャネル

ECや通販の利用経験者が保有している、または自宅で使うことができるデバイスは、「パソコン(デスクトップ、ノート)」が84.3%でトップ。2位の「スマートフォン」(70.7%)は「テレビ」(70.2%)をわずかに上回った。

「Wi-Fiルーター」は10.7ポイント増と大きく増加。今回から調査対象に加えた「AIスピーカー」は2.5%だった。

エルテックスが実施した「通信販売に関する【消費者調査】2017」
EC・通販利用経験者が保有するIT関連機器

EC・通販の利用経験者が「将来保有したい機器」の上位は、タブレット(20.9%)、AIスピーカー(14.5%)、Wi-Fiルーター(9.8%)が上がっている。

調査概要

  • 調査エリア:全国
  • 調査対象者:infoQ by GMO調査パネルを利用
  • 調査方法:ネット方式による、アンケート調査
  • 調査期間:2017年12月7日~9日
  • 回収サンプル数:600
  • 調査主体:株式会社エルテックス
  • 調査実施機関:楽天リサーチ株式会社
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。編集者兼ライターとしても活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム