現在地

スマホユーザーがよく利用するECサイト・アプリのトップは「Amazon」で利用率は約8割、楽天は約5割――。

MMDLaboとコロプラが共同で実施した「2017年版:スマートフォン利用者実態調査」から、スマホユーザーによるEC利用実態の一端が明らかになった。MMDlaboが1月16日に調査結果の一部を公表した。

よく利用するECサイト・アプリのトップは「Amazon」

ネットショッピング経験者(サンプル数2577人)を対象に、「よく利用するネットショッピングサイト・アプリ」を複数回答で質問したところ、「Amazon」が77.7%で最も多かった。

2位以下は「楽天」(53.1%)、「Yahoo!ショッピング」(29.3%)、「メルカリ」(12.8%)、「価格.com」(9.6%)。

年代別の利用率では、「Amazon」は10~50代の全年代が8割前後。「楽天」は10代が25.8%にとどまった一方、30~50代は5割を超えている。

「Yahoo!ショッピング」は年代が上がるにつれて利用率が上昇。「メルカリ」は20~30代の利用率が比較的高い。

2015年の調査と比較すると、「Yahoo!ショッピング」の利用率が7ポイント増の29.3%、「メルカリ」の8.7%から12.8%へと向上している。

よく利用するECサイト・アプリのトップは「Amazon」【「2017年版:スマートフォン利用者実態調査」】

よく利用するECサイト・アプリ(複数回答)

ECを使うときによく利用するデバイス

スマホ所有者(サンプル数は2780人)にネット通販を使うときによく利用するデバイスを聞いたところ(複数回答可)、「スマートフォン」が最も高く74.7%。「PC」38.6%、「タブレット」10.6%と続いた。

2015年調査と比較すると、「PC」を使う割合が大きく減少しており、8.7ポイント減の38.6%となっている。

ECを使うときによく利用するデバイス【「2017年版:スマートフォン利用者実態調査」】

ECを使うときによく利用するデバイス(複数回答)

動画視聴デバイスのトップは「スマホ」約8割

「動画を視聴する際によく利用するデバイス」に関する質問(n=2780)では、「スマートフォン」が76.5%で圧倒的に多い。2位以下は「PC」(38.8%)、「タブレット」(21.9%)、「テレビ」(10.9%)。

2015年の調査と比べると、「PC」は44.9%から38.8%へと低下。「テレビ」は8.7%から10.9%に増加している。

動画を視聴する際によく利用するデバイス(複数回答)

調査概要

  • 調査期間:2017年12月20日~12月21日
  • 有効回答:2780人
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査対象:スマートフォンを所有する15歳から59歳の男女
  • 設問数:43問
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。編集者兼ライターとしても活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing.
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社