通販・ECサイト構築システムのエルテックスは8月27日、「通信販売事業関与者の実態調査2014」を実施したところ、商品開発などに悩んでいる通販・EC企業が急進していることが分かった。悩んでいることとして挙げた「販売する商品の開発(マーチャンダイジング)」では、前回調査よりも5.1ポイント増加。通販・EC事業に進出する企業が増えて競争が激化し、、商品の機能・価格のコモディティー化が進んでいることが影響したと指摘している。

通信販売事業全般で悩んでいることを聞いたところ、「新規客の集客」がトップで前回調査比0.3ポイント増の53.7%。「通信販売事業の戦略や展開」が同0.4ポイント減の43.0%で、「既存顧客の満足度向上」が同3ポイント増の40.3%で続いた。

通信販売事業全般の悩み事、困り事について

エルテックスが行った調査「通信販売事業関与者の実態調査2014」

急伸したのが、「販売する商品の開発(マーチャンダイジング)」。競合が増えていることにより、商品の価格競争、コモディティ化が進んでいる影響を受けているようだ。

通信販売事業における課題では、同2ポイント減で82.7%が回答した「売り上げの拡大」がトップ。続いて、「新規の顧客の獲得」が同0.6ポイント増の77.3%だった。

前回調査と比べて5.1ポイント増となる67.3%の回答者が挙げたのが「既存のお客様へのサービス向上」。通信販売の困り事・悩み事でも、「既存の顧客の満足度向上」は同3ポイント増えており、顧客に対するCRMに関心を抱いている通販・EC事業者が多い実態が分かる。

通信販売事業のビジネスで重要と考えていることについて

エルテックスが行った調査「通信販売事業関与者の実態調査2014」

7つの設問(下表中の各文章)について共感できる項目についてマーケティング担当者、業務担当者、情報システム担当者に聞いたところ、「いろいろな販売方法を提供したほうがお客様の満足につながる(68.4%)」「EC化は自分の会社の利益が増える(63.9%)」が上位に挙がった。

通販事業者が共感できることについて

エルテックスが行った調査「通信販売事業関与者の実態調査2014」

調査概要は以下の通り。

  • 調査対象者: 楽天リサーチ保有の調査パネル(ビジネスパネル)
    年商規模3000万円~100億円までの通販事業に携わる職種の、会社役員、社員、派遣社員、個人事業主
  • 調査方法: ネット方式による、アンケート調査
  • 調査期間: 2014年6月20日~22日
  • 回収サンプル数: 300
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム