現在地

経済産業省と農林水産省は9月11日、農林水産物や食品の輸出促進を目的とした合同チームの第2回会合を開催し、国内企業の越境ECを後押しするための取り組みを強化する方針を公表した。

海外のEC事業者と国内生産者のマッチングを促進するほか、海外のECモールに日本食品専用サイトを開設するなど、国内企業の販路開拓を支援する。

政府は2019年に農林水産物・食品の輸出額1兆円達成を目標に掲げる。その達成のために「農林水産物・食品輸出促進合同チーム」を創設した。

海外ECモールに「ジャパンモール」

日本貿易振興機構(JETRO)が海外のECモールに「ジャパンモール」を開設し、日本の食品を現地の消費者に販売する。

2018年11月から2019年3月まで、シンガポールの大手食品ECサイト「RedMart」に「ジャパンモール」を開設。米や野菜、果物、牛肉、水産物、農産加工品、水産加工品、お茶、麺、類、菓子、調味料など、約40社の200品目以上を販売するという。

シンガポールの大手食品ECサイト「RedMart」に「ジャパンモール」を開設
「ジャパンモール」を通じた販売スキーム(JETRO公表資料からキャプチャ)

また、2018年10月には「イオンストアーズ香港」のECサイトと店舗が連動し、日本食品フェアを開く。菓子類や麺類、水棺加工品、日本酒、クラフトビールなど、20社の50品目を販売する予定。

特産品ECサイト「Rin++」を開設

中小企業基盤整備機構がECサイト「Rin++」(仮称)を設け、日本酒や緑茶など、地域の特産品や加工食品を国内外のバイヤーや消費者にPRする。

9月25日から掲載商品を随時募集。2018年度に食品だけで300社1000商品の登録を想定している。

「EC Camp 2018」を実施

2018年12月7日に、越境ECを活用して販路開拓をめざす中小企業者と、EC関連サービスを提供する事業者とをマッチングする「EC Camp 2018」を実施予定。会場は虎ノ門ヒルズフォーラム。

両省の合同チームはこのほか、海外の現地企業と国内生産者のマッチングの促進や、輸出支援策ガイドブックの作成などを進めている。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。編集者兼ライターとしても活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing.
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム