よろしければこちらもご覧ください

大きな流れがわかったうえで、ゆる〜く振り返ってみましょう

2014年から変わったこと一覧
  • 各モールはますます成長。MA、Web接客、カゴ落ち対策など各種ツールが続々登場
  • デバイスはPCからスマホに変化。スマートスピーカーも登場
  • Twitter、LINE、InstagramなどSNSからショッピングの導線が確立
  • ECと実店舗で使える決済サービスが続々登場
  • メルカリやラクマなど、フリマアプリが大ブーム
  • 宅急便の再配達問題が顕在化。料金値上げへ
  • 物流分野へのロボットやドローン導入の話題が出てきた。中国はすでにスゴいことに

こちらの記事ではこんなテーマで話しています。大きな流れというよりは気になったことについて話しているので、大きな流れの中にある小さな流れがわかってくると思います。

これからの流れをとらえるには?

ネットショップ業界の動向を見るには、下記のような点を見ておく必要があると思います。

  • 楽天、アマゾン、Yahoo!の3大モールの動向
  • ZOZO、メルカリ、Woawma!などがそれにどう対抗していくのか
  • 自社サイトを伸ばす施策のトレンド
  • 配送などエンドユーザーの手に届くまでの流れの変化
  • 定点観測をしている統計データのチェック

加えて新しい流れも頭の中に入れておかないといけません。

ユーザーはじわじわと新しいものにシフト

大手ECモールvs公取委

価格はAIが決める

他にも越境ECやCtoCの伸びも意識しておかないといけませんが、それも今の流れから生まれてくるものばかりです。目の前に起こっていることだけでなく、目に見えない流れを追ってみましょう。「ネットショップ担当者が知っておくべきニュースのまとめ」でも引き続きお伝えしていきます。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

森野 誠之

運営堂

運営堂代表。Web制作の営業など数社を経て2006年に独立後、名古屋を中心に地方のWeb運用を支援する業務に取り組む。現在はGoogleアナリティクスなどのアクセス解析を活用したサイト・広告改善支援を中心にWeb制作会社と提携し、分析から制作まで一貫してのサービスも開始。豊富な社会・業務経験と、独立系コンサルタントのポジションを活かしてWeb制作や広告にこだわらず、柔軟で客観的な改善提案を行っている。理系思考&辛口の姿勢とは裏腹に皿洗いを趣味にする二児のパパ。

記事カテゴリー: 
記事種別: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム