LINE Payは7月9日、コミュニケーションアプリ「LINE」上で展開しているモバイル決済サービス「LINE Pay」において、あらかじめ登録したユーザーのクレジットカード番号や住所などのアカウント情報を使い、ECサイトのログインや決済が行える新サービス「LINE Checkout」の提供を開始した。

「LINE Checkout」は「LINE Pay」のオンライン加盟店向けのサービス。加盟店が自社のECサイトに「LINE Checkout」を実装すると、「LINEアカウント」に登録済みのユーザーの氏名や住所、電話番号、メールアドレスといった情報を、ログインや決済に活用できるようになる。

LINE Payはコミュニケーションアプリ「LINE」上で展開しているモバイル決済サービス「LINE Pay」において、あらかじめ登録したユーザーのクレジットカード番号や住所などのアカウント情報を使い、ECサイトのログインや決済が行える新サービス「LINE Checkout」の提供を開始
「LINE Checkout」を使った決済フローのイメージ

ユーザーは「LINE Checkout」を使うと、初めて利用するECサイトで会員登録やパスワードの管理が不要になるほか、配送先やクレジットカード情報などを入力する必要もない。加盟店側にとって、会員登録時のユーザーの離脱やカゴ落ちを防ぐ効果が期待できる。

「LINE」のアプリには、ユーザーが任意でプロフィール情報を登録する「LINE Profile+」が備わっている。「LINE Checkout」では、「LINE Profile+」の登録情報をログインや決済、配送などに活用する。

初回決済時に「LINE Profile+」の登録情報を利用する際は、プライバシーポリシーなどを提示してユーザーの同意を得る。2回目以降の利用では、都度同意を取る必要はない。

LINE Payによると、7月からライフスタイルブランドの「マイケル・コース」や、飲食店の集客支援サービス「ビスポ」が「LINE Checkout」を導入することが決まっているという。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

通販/EC業界の専門紙を発行する新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。EC業界のBtoB領域に特化した編集プロダクションとして活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム