楽天は9月10日、「楽天市場」で10月から始まるキャッシュレス決済を利用したユーザーに対するポイント還元制度について、制度を説明する特設ページを開設した。「楽天市場」では2万店舗以上の対象ショップが、ポイント5%還元の対象となる。

ポイント還元の対象ショップは、検索結果や商品ページで「キャッシュレス5%還元対象」のアイコンが付く。対象ショップに限定して絞り込み検索を行うことも可能。

「楽天市場」で10月から始まるキャッシュレス決済を利用したユーザーに対するポイント還元制度で、ポイント還元の対象ショップは、検索結果や商品ページで「キャッシュレス5%還元対象」のアイコンが付く
検索ページでの「キャッシュレス5%還元対象」のアイコン掲載イメージ
「楽天市場」で10月から始まるキャッシュレス決済を利用したユーザーに対するポイント還元制度で、ポイント還元の対象ショップは、検索結果や商品ページで「キャッシュレス5%還元対象」のアイコンが付く
商品ページでの「キャッシュレス5%還元対象」のアイコン掲載イメージ

ユーザーが「楽天カード」を利用した場合、「楽天スーパーポイント」で還元する。「楽天カード」以外を利用した場合は、カード発行会社が定める還元方法が適用される。

「楽天カード」を使った場合のポイント還元の上限は、1か月あたり「楽天スーパーポイント」(通常ポイント)1万5000ポイントまで。

「楽天市場」で10月から始まるキャッシュレス決済を利用したユーザーに対するポイント還元制度で、ポイント還元の対象ショップは、検索結果や商品ページで「キャッシュレス5%還元対象」のアイコンが付く
「楽天市場」での買い物で5%分のポイント還元を受けることができる買い物ステップ

楽天ペイ(オンライン決済)は11月1日以降の買い物から、ポイント還元の対象になる予定。

楽天ペイ(アプリ決済・実店舗決済)、楽天銀行デビットカードなどもポイント還元

「楽天市場」以外で、楽天グループが手掛ける楽天カード、楽天ペイ(アプリ決済・実店舗決済)、楽天銀行デビットカード、楽天銀行プリペイドカード決済などを対象加盟店で使った場合にも、ポイントや現金を還元する。

政府によるポイント還元事業の期間は、2019年10月から2020年6月までの9か月間。予算は約2800億円。期限前に予算を使い切った場合、終了が早まる可能性がある。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

通販/EC業界の専門紙を発行する新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。EC業界のBtoB領域に特化した編集プロダクションとして活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム