よろしければこちらもご覧ください

ソーシャルマーケティング支援のアライドアーキテクツは3月24日、スマホアプリユーザーの招待から生じた口コミ効果のデータを計測・解析するプラットフォームサービスのAppSocially(アップソーシャリー、本社米国)と資本・業務提携したと発表した。アライドが提供するソーシャルメディアマーケティング支援プラットフォームのマーケティングデータベース(SMM)と連携し、新たなサービスの開発などにつなげる。EC事業者向けのサービスラインナップも揃えたい意向だ。

アップソーシャリー社は13年2月の設立。モバイルアプリのためのユーザー獲得機能の開発などを手掛ける。本社は米国サンフランシスコで、起業家の高橋雄介氏が立ち上げた。

アップソーシャリー社が提供する「AppSocially」は、アプリを使ったユーザーの動向データから数値などを解析し、サービスの改善を進めて課題を解決するグロース・ハックツール。スマホアプリ事業者は同ツールを導入すると、スマホのアプリを使うユーザーによる招待や口コミ効果のデータを自動計測・解析することができる。

アライドはソーシャルマーケティング支援のプラットフォーム「モニプラ」の累計ユーザー数は149万人を超える。データベースと連携し、ソーシャルマーケティングに関するビッグデータを分析・解析。EC企業への提供を視野に、新たなマーケティング支援ソリューションを開発する。

アライドは2月、ビッグデータ市場における事業進化を目的に、メタデータと資本・業務提携を行っている。今回はその第2弾。

 

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム