よろしければこちらもご覧ください

アスクルや工業用間接資材通販最大手のMonotaRO(モノタロウ)、DIYのECを手掛ける大都など民間企業5社が、大阪産業創造館主催の「日本のものづくりを担う若手採用応援プロジェクト」へ参画し、中小製造業界全体のイメージアップや活性化を応援する取り組みを始める。製造業界を支える民間企業がタッグを組み、製造業の現場で活躍する若手男子を意味する「ゲンバ男子」の魅力を発信する。

「日本のものづくりを担う若手採用応援プロジェクト」は、大阪産業創造館が若年層の採用難が深刻化しちえる製造業界のイメージアップを図り、日本経済を支えるモノ作りの担い手を増やすための取り組み。技術の現場で「オトコマエに」活躍する若手社員を紹介する特設サイト「ゲンバ男子」を設けて、情報発信を行っている。

今回のプロジェクトに参画するのは通販・EC業界から、アスクル、モノタロウ、大都の3社。作業用品なども取り扱う3社は競合にもあたるが、今回は「ものづくり業界」のイメージアップなどのためにタッグを組む。他は人材サービスのリクルートジョブズ、アイデム。

大阪産業創造館が始める「ゲンバ男子」を応援する「日本のものづくりを担う若手採用応援プロジェクト」

「ゲンバ男子」を支援するプロジェクトに通販・EC企業も3社が参画

アスクルは現場の仕事環境や作業用品などについて、「ゲンバ男子」が本音で語る座談会を実施。「アスクル・インターネットショップ」内に特設コンテンツを開設し、座談会の模様などを発信する。

大阪産業創造館が始める「ゲンバ男子」を応援する「日本のものづくりを担う若手採用応援プロジェクト」

アスクルの「ゲンバ男子」応援プロジェクトは11月末スタート

モノタロウは、2013年9月にサービス提供を始めたホームページ無料作成サービス「ファクトリーブック」を通じ、「日本の製造業を支える男前たちよ、集まれ “イケ技”大募集!」を企画。950社を超える「ファクトリーブック」利用ユーザーのなかから、若手社員の優れた“イケ技”を専用ページで紹介する。

大阪産業創造館が始める「ゲンバ男子」を応援する「日本のものづくりを担う若手採用応援プロジェクト」

モノタロウは自社サービスを通じて「ゲンバ男子」の情報発信などを行う

大都は作業着にもこだわる「ゲンバ男子」に向けて、コーディネイトを提案。事業者向けECサイト「モノトス」でコンテンツを配信し、商品をECサイトで購入できるようにする。加えて、「モノトス」内で「ゲンバ男子」を紹介し、コンテストする企画も展開。フェイスブックによる投票形式で、「いいね!」を競い合う。

大阪産業創造館が始める「ゲンバ男子」を応援する「日本のものづくりを担う若手採用応援プロジェクト」

大都は自社で販売する作業服などで「ゲンバ男子」のコーディネート例を紹介
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム