よろしければこちらもご覧ください

ゲームコンテンツや情報サイトなど総合IT企業のエイチームが発表した2021年7月期連結業績によると、自転車専門ECサイト「cyma-サイマ-」を手がけるEC事業が初の営業黒字に転換した。

営業利益は8400万円(前期は4300万円の営業赤字)、売上高は前期比12.5%増の35億9000万円で過去最高を記録した。エイチームは2016年8月に単独事業としてEC事業を新設。2021年4月に設立したエイチームコマーステックが事業を運営している。

売上高と営業利益の推移 エイチームが運営する自転車専門ECサイト「cyma-サイマ-」
売上高と営業利益の推移

自転車ECサイト「cyma」では、物流オペレーション、仕入れ・物流・販売のサプライチェーンの改善が業績改善に奏功。さらに、「在庫の適正化」「品ぞろえの見直し」「オペレーションの改善」の3点が黒字化の主な要因になったとしている。

加えて、コロナ禍の3密を避けるパーソナルな移動手段として自転車需要が高まっていることが業績に好影響。完全組み立て自転車をオンラインで販売し、自宅まで配送するといったサービス特性も、巣ごもり消費が後押ししたとしている。

自転車の市場規模推移 エイチームが運営する自転車専門ECサイト「cyma-サイマ-」
自転車の市場規模推移

在庫の適正化

保有する自転車などの在庫量と回転率を管理する精度が大幅に改善。一時は3万台に達した在庫数を2019年頃には1万台にまで削減し、直近では7000台まで抑えて効率的な運用を実現した。小売業において、管理工数やコストの要因となる在庫の保有を最小限に抑えることで黒字化につながった。

在庫回転日数・回転率の推移 エイチームが運営する自転車専門ECサイト「cyma-サイマ-」
在庫回転日数・回転率の推移(画像はIR資料から編集部がキャプチャ)

品ぞろえの見直し

「cyma」の品ぞろえは200種類以上。顧客ニーズに合わせて、売れ筋の商品を特定しながら、品ぞろえや在庫の見直し、販売方法の最適化を推進した。

オペレーションの改善

商品の仕入れ・販売から整備・出荷に至るまでのサプライチェーンを自社でコントロール。各工程における業務改善や連携を進めてきた。業務の効率化を図りながら、各プロセスにおけるチーム連携を強めることで、入荷から出荷までの時間短縮を図り、コストの最適化を実現した。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

石居 岳

石居 岳(いしい・がく)

フリーライター、ジャーナリスト。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]