よろしければこちらもご覧ください

ニトリホールディングスは、兵庫県神戸市に新たに物流センターを開設する。EC需要の拡大など、増える物量に対応できる体制を整える。

新たに開設する神戸DC(仮称)は、関西DC(神戸市中央区)から2.5kmの距離に立地。神戸圏に位置する立地環境で、関西圏の物流拠点として広域配送にも最適な立地という。

地上4階建で、延べ床面積は8万1354平方メートル。着工は11月1日、竣工時期は2022年11月5日を予定している。運用は子会社のホームロジスティクスが行う。

ニトリホールディングスは、兵庫県神戸市に新たに物流センターを開設
神戸DC(仮称)のイメージ

ニトリグループは国内物流拠点の再配置を進めている。北海道石狩市に新物流センターを開設する予定で、2022年夏の稼働をめざしている。

神戸DCの新設は物流拠点再構築の第2弾。ニトリ店舗の出店加速、消費者のライフスタイル変化に伴うEC需要拡大など、物量に見合う入出荷機能の拡充、コスト削減を進めるため、物流センター機能の全体最適を図る。

ニトリホールディングスは、兵庫県神戸市に新たに物流センターを開設
石狩DCについて(画像はニトリHDのIR資料から編集部がキャプチャ)
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]