よろしければこちらもご覧ください

アマゾンジャパンは「Prime Video」で、スポーツのライブ中継を始める。

第一弾として、ボクシングのWBA世界ミドル級スーパー王者で2012年のロンドン五輪ミドル級金メダリストの村田諒太選手(帝拳ジム所属)、IBF世界ミドル級王者のゲンナジー・ゴロフキン選手(カザフスタン)とのWBA・IBF世界ミドル級王座統一戦を、「Prime Video presents Live Boxing」として12月29日にライブ中継する。

ボクシングのWBA世界ミドル級スーパー王者で2012年のロンドン五輪ミドル級金メダリストの村田諒太選手(帝拳ジム所属)、IBF世界ミドル級王者のゲンナジー・ゴロフキン選手(カザフスタン)とのWBA・IBF世界ミドル級王座統一戦

「Amazonプライム」の会員であれば、「Prime Video」で追加料金なしで視聴可能。国内スポーツの生中継コンテンツの展開で、新たな会員獲得などにつなげる。

Amazon創業者のジェフ・ベゾス氏が2021年に株主向けへ宛てた年次書簡で、「Amazonプライム」の会員数がグローバルで2億人を超えたことを公表。また、米国のConsumer Intelligence Research Partners社によると、2021年第2四半期末時点の米国のプライム会員数を1億5300万人と推定している。

Amazonはアメリカ、フランス、イギリス、ドイツなど各国でスポーツのライブ中継を行っており、「Amazonプライム」会員の獲得につながっていると見られる。アマゾンジャパンは日本の「Prime Video」におけるボクシングのライブ中継は、グローバルで進めているスポーツのライブ中継拡大策の1つとしている。

ゲンナジー・ゴロフキン選手(通称GGG)は、ボクシング界は最も権威ある雑誌とされている米専門誌「ザ・リング」が全階級のボクサーを格付けしたパウンド・フォー・パウンド(PFP)で長らく1位に君臨したことがある、重量級のスーパースターである。

12月29日は日本のボクシングファンにとって「刺激的で特別な一日になる」(アマゾンジャパン)というプロボクシング最高峰のビッグイベントから、アマゾンジャパンはスポーツのライブ中継へ進出する。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]