現在地

Amazon

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

ECサイトのセキュリティと使いやすさはどう両立する? Amazonら米国大手EC企業の例

強固なセキュリティと使いやすいECサイトを設計する際、セキュリティと使い勝手のバランスを取るのは、EC事業者にとって難しい課題。米国の大手小売事業者が採用している対策は?

単発記事

ファン育成と新規ユーザー開拓の両立を実現した北海道日本ハムファイターズのEC戦略

既存会員以外の一般購入者と会員増の両立はどう実現するのか? 会員向けサービスを維持しつつ、新規ユーザーの購入率を1.8倍に増やした北海道日本ハムファイターズのネット通販戦略を解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

【Amazonプライムデー】全米5300万人が利用、プライム会員の5割が買い物をした日

インターネットリテイラー社の調査によると、2017年の「Amazonプライムデー」では、全米の約21.8%のEC利用者が利用。2016年の調査結果(19.4%)から、2.4ポイント上昇しています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンのホールフーズ買収の影響。危機感あらわの小売業者、歓迎するEC企業の理由

Amazon(アマゾン)によるWhole Foods Market Inc.,(ホールフーズ・マーケット) 買収によって、米国EC企業は「歓迎」する考えを示す一方、小売業界は危機感をあらわにします。その理由は?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンのホールフーズ買収とリアル店舗を攻める理由【米大手EC専門誌が解説】

Amazon(アマゾン)が高級食品販売チェーンのWhole Foods Market Inc.,(ホールフーズ・マーケット)を137億ドルで買収すると発表。その狙いとは? 米国EC大手専門誌が解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

【プライム会員分析】アマゾンユーザーの購買行動から学ぶ自社ECサイトの顧客作り

Amazonのプライム会員は、アマゾン以外の小売事業者が運営するアプリやECサイトも使用し、多くの時間を費やしています。この会員を自社のECサイト顧客にするにはどうしたらいいのでしょうか?

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

アマゾンvsグーグルなど食品ECの即時配達サービスの市場が拡大する米国市場のいま

2016年に530億ドルだった食品関連のEC市場は2022年に拡大すると予測されている米国の食品EC市場。Googleも参入し、Amazon対Googleによる即日配送サービス競争が始まっています。その最新情報をご紹介。

単発記事

アマゾンが「Amazonフレッシュ」を開始、最短4時間で生鮮食品を届ける仕組みを解説

アマゾンジャパンが生鮮食品などを注文から最短4時間で配送する「Amazon フレッシュ(アマゾンフレッシュ)」をスタート。そのサービス内容や仕組みなどを解説。

いつも.のECコンサルタントが明かす、売り上げアップにつながるEC最新情報

Amazonマーケットプレイスの商品をSEO対策で上位表示する方法はありますか?

Amazonマーケットプレイスに出品している商品をSEO対策で上位表示させることは可能なのでしょうか? 

いつも.のECコンサルタントが明かす、売り上げアップにつながるEC最新情報

「Amazonスポンサープロダクト」のROASを最大化する3つのポイント

「Amazonスポンサープロダクト」は検索キーワードに連動して表示されるクリック課金型の広告。ROAS(費用対効果)を最大化するためのポイントとは?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンにも負けない、お客に支持される通販サイトがやっている4つの施策

商売に成功しているブランドは、Amazon(アマゾン)にはない差別化したサービスを提供しています。米国のEC企業が実践しているその秘訣(ひけつ)とは?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンに負けない買い物体験を提供する方法とは? 米国EC企業3社の事例

Amazon(アマゾン)の有料会員制プログラム「アマゾンプライム」に対抗するにはどうするべきか? Target、Benefit Cosmetics、J.C.Penny、Best BuyといったECを手がけるEC小売事業者の事例を紹介。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

リピート客約9割のアマゾンに勝つロイヤリティ施策には何が必要? 米国ECの今に学ぶ

アマゾンの得意分野である価格競争力と利便性を重視する消費者が増える中、EC事業者は消費者に商品を購入してもらうためにはどんな努力が必要でしょうか? 米国の今を解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

スピード配送ではアマゾンに勝てない――ウォルマートがプライム対抗策を廃止した理由

Amazonプライムの対抗サービスとされていたウォルマートの配送サービスは、なぜ廃止に追い込まれたのでしょうか? その理由などを解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンに負けない自社ECサイトを作る5つのポイント

多くの中堅小売業者は、カスタマーエクスペリエンスやブランドストーリーでアマゾンより優れていますが、自社ECサイトでそれらのメリットをもっと明確に伝える必要があります。

いつも.のECコンサルタントが明かす、売り上げアップにつながるEC最新情報

Amazonで売上拡大するために必須となる「カート獲得」。その有効施策とは

Amazonで店舗を運営する際の最重要施策とも言えるのが、「ショッピングカートボックスを取る(カートを取る)」ことです。今回は、「カートを取る」ための施策について解説します。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

「Amazonプライムの価値をより高める」アマゾン幹部らが語る会員向けカードの詳細

Amazonプライムの会員向けカードは、アマゾンの買い物で5%、レストランやガソリンスタンド、ドラッグストアでの利用で2%、その他の買い物で1%のキャッシュバックが行われます。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

やっぱり気になるアマゾンの動向。アメリカのEC関係者が2016年に最も読んだ記事16選

2016年に最も読まれた「インターネットリテイラー」の記事を見てみると、アマゾン関連の記事が上位にランクイン。サービス利用と同時に競合にもなるアマゾンに、米国では注目が集まっています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

東南アジアで「アマゾンvsアリババ」6.2億人のECマーケット巡る熾烈な戦いが始まる

アマゾンが2017年に東南アジアへ進出する見込みが高いとされるなか、東南アジア最大のECサイトであるラザダが先制攻撃を仕掛けています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンvs.グーグルショッピングの価格競争。EC事業者は把握すべき価格検索の潮流

価格調査会社360pi社が750品目を対象に価格調査を実施したところ、グーグルショッピングよりもアマゾンで販売している商品価格が安かったのは25%にとどまりました。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

検索もアマゾンの時代? 5割超のユーザーは商品探しでグーグルよりもアマゾンを使う

オンラインマーケティング会社BloomReach社の調査によると、ネット通販利用者の多くがアマゾンで商品検索をしているため、検索エンジンや他のEC業者はシェアの落ち込みが続いているようです。

いつも.のECコンサルタントが明かす、売り上げアップにつながるEC最新情報

中小ECサイトでも利用できるようになったアマゾンディスプレイ広告の内容と活用方法

これまで大手メーカー等しか出稿することが出来なかったアマゾンディスプレイ広告が、最近になって2万店舗を超えるショップが出稿可能に!認知度アップに大きな効果が期待されている。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾン「プライムデー」の流通総額は? プライム会員数、他のEC企業の動向なども解説

流通総額は全世界で25億ドルだったと推測される2016年のアマゾン「プライムデー」。米アマゾンのプライム会員数、割引率の大きかった商品、顧客満足度などについてもインターネットリテイラー社が解説。

いつも.のECコンサルタントが明かす、売り上げアップにつながるEC最新情報

Amazonがマケプレプライムを開始。出品者は参加すべきか

米国で驚異的な数字を記録しているアマゾンプライム会員の転換率の高さ!これまではアマゾンの倉庫の商品を入れておかないとプライム対象商品になれなかったのが、新しくマケプレプライムというカテゴリが追加されました!

ネットショップサクセスストーリー 私たちがAmazon.co.jpで売れている理由

「DIYツールドットコム」があかすAmazonでの売り上げの伸ばし方

DIY商品の人気ECサイト「DIYツールドットコム」(運営は大都)のWEBチーム・石井良昌氏にAmazonでの売り上げの伸ばし方などを聞いてきました。

いつも.のECコンサルタントが明かす、売り上げアップにつながるEC最新情報

全店に実装されたアマゾン数量限定タイムセールを活用して売上を拡大する方法を公開

米国アマゾンも絶好調の中、Prime会員戦略をはじめ日本のアマゾンも様々な戦略を推進しています。今回はそんな新しい動きの中から新たに実装されたアマゾンタイムセールについてご紹介しましょう。

ネット通販の買い物行動を調査する「消費行動研究室」

【速報】「Amazonプライムデー」は使いやすい? 使いにくい? 利用者に早速聞いてみた

「Amazon Prime Day」で買い物をした消費者はどのように感じたのでしょうか? 消費者のホンネから、自社サイト運営の改善のヒントを見つけてください。

ネットショップサクセスストーリー 私たちがAmazon.co.jpで売れている理由

Amazonの配送スピードが売上UPのカギ。酒ギフトで成長しているECサイトのひけつ

ギフト用のお酒の販売などで売り上げを伸ばしている贈り物本舗じざけやの片山佳篤代表取締役にAmazonでの販売の強みや今後の展開について聞いてきました。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Amazonで20分間のサイトダウン 損失額は20分間で375万ドル?

アマゾンドットコムのECサイトで2016年3月10日、20分もの間、サイトがダウンしました。InternetRetailer社は、20分間のサイトダウンが約375万ドルもの売り上げ損失につながったと推察しています。

ネットショップサクセスストーリー 私たちがAmazon.co.jpで売れている理由

FBAの活用で売り上げを伸ばすウインタースポーツ用品メーカーの成功事例

ウィンタースポーツ用品などの製造販売を行うビーランの表野達也営業部部長にAmazonでの売り方や今後の展望について話を聞いてみました。

通販新聞ダイジェスト

アマゾン、全品送料無料中止の理由。ヨドバシカメラなど他社の動向は?

アマゾンジャパンが4月6日から、これまで実施してきた同社が発送する全商品を対象とした"送料無料"を中止しました。今回の方向転換の理由とは。またアマゾンが起こしたECにおける「送料無料の波」の行方は?

アマゾンジャパンが株式会社から合同会社になる。日本は2社体制から1社体制に変更

アマゾンジャパンとアマゾンジャパン・ロジスティクスは5月1日、アマゾンジャパン・ロジスティクスを存続会社として合併し、株式会社から合同会社に組織変更、社名を「アマゾンジャパン合同会社」へ変更する。

アマゾン日本事業の2015年売上高は約1兆円、ドルベースは4.4%増の82億6400万ドル

アマゾン日本事業の2015年の売上高は前期比4.4%増の82億6400万ドルだった。2015年の年間平均為替レート(120円)で換算すると、日本事業の売り上げは前期比19.4%増の9916億8000万円となる。

 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma!