Amazon

Amazonのジャスパー・チャン社長「数年前にマーチャントの流通総額が直販事業を抜いた」

ECイベント「Amazon ECサミット」(10月5日実施)に登壇したジャスパー・チャン社長は、「数年前に、マーチャント(「Amazonマーケットプレイス」出品・出店者)の流通総額が直販事業を抜いた」と説明
瀧川 正実10/6 10:00670
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Amazonを利用する最大の理由は「品ぞろえ」。継続率9割を超えるプライム会員など【アマゾン最新情報】

2020年1月時点で1億5000万人だったAmazonのプライム会員は、2021年春時点で全世界で2億人を突破しました
Digital Commerce 3609/30 9:007132
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

米Amazonがカード不要の後払い決済サービス「Affirm」を導入した理由

「Amazonが人気の後払い決済企業と提携するのは初めてのことだ」(シニアアナリスト)と言う。これによってAmazonは、平均注文金額と売り上げの増加が見込まれます
Digital Commerce 3609/16 8:00230
PR

お客さまが買いやすいECサイトってどんなサイトなんですか? 教えて! Eコマース先生![マンガでさらにわかるAmazon Pay]

EC担当者を応援する「Eコマース先生」こと川添隆氏が、悩めるECサイト担当者に徹底解説。小島サトシは壁を打破できるのか!?
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

GoogleやFacebookから広告予算がシフトしているAmazon広告。多くの小売事業者が利用する5つの理由

今、多くのブランドがAmazon広告に飛びついています。Amazon広告が支持される5つの理由とは?
Digital Commerce 3607/1 8:007222
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Amazonに学ぶ返品対応でCX向上を実現する方法。もっとも重要な3つの「C」

Amazonは返品件数でもトップ企業。返品のオペレーションでもリーダー的存在なのは、「コスト」「コミュニケーション」「コンビニエンス」という3つの「C」を理解しているから
Digital Commerce 3606/10 7:00381
パーフェクト ブログ 〜美容×DXの最新トレンドを紹介〜

「バーチャルメイク」の導入で、コスメのCVR2倍以上、売り上げ8倍!? 化粧品EC、小売店の活用事例

CVR2倍以上、売り上げ8倍を実現する「バーチャルメイク」。化粧品EC、小売店の活用事例から高い効果につながる理由をひも解く
磯崎順信6/9 7:0057180
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アパレルは「コロナ前」に戻れるのか? データで読み解く消費者行動とニーズの変化

Digital Commerce360シニア・コンシューマー・インサイト・アナリストが、コロナ禍のアパレル購入状況を分析
Digital Commerce 3606/3 7:0010191
ネットショップ担当者フォーラム 2020 セミナーレポート

「Amazon Pay」導入でコンバージョン率1.5倍のケースも! 事業者・お客さま双方のメリットを解説

Amazonアカウントを使って自社ECサイトで購入ができるサービス「Amazon Pay」。お客さまは「Amazon.co.jp」でショッピングする時と同じようにスムーズに買い物を体験でき、企業側は新規顧客獲得やコンバージョン率向上を期待できるという。導入が増える「Amazon Pay」の機能や魅力について紹介する
キヨハラサトル4/28 9:00760
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

「Amazon」vs「Shopify」の戦いの行方。EC事業者が注視すべきポイントは?

ECの2大プラットフォーム「Amazon」と「Shopify」間で起こっている水面下の戦いは、小売事業者にどのような影響を与える可能性があるでしょうか
Digital Commerce 3604/22 9:0016277
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Amazonが始めた「スポンサーブランド動画広告」とは? CVRとCTRは静止画広告を大きく上回ったアマゾンの新広告を解説

2020年に導入されたAmazonの「スポンサーブランド動画広告」が、オンラインマーケターにとって大きな意味を持つワケとは?
Digital Commerce 3603/25 9:002561
デジタルコマース注目TOPIX presented by 電通デジタル

楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazon、各ECモールにおけるデータ活用法

ECモールは新規ユーザー獲得のための分析やデータ活用が必須です。各社のデータ活用についてまとめました(連載2回)
髙木 真樹3/16 9:0013160
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

アマゾン日本事業の売上高は約2.2兆円【Amazonの2020年実績まとめ】

日本事業の2020年(2020年1~12月)売上高は円ベースで2兆1893億2700万円、前期比25.5%増。ドルベースは204億6100万ドルで前期比27.9%増
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

米国EC専門メディアが予測する2021年のEC業界とは? 業界再編、テクノロジーへの投資など

米国のEC専門メディア『Digital Commerce 360』が2021年のEコマース業界を予測。「再編成と成長の機会」「食料品のオンライン注文の伸長」」「テクノロジーへの投資」などの予想されるトレンドをあげている
Digital Commerce 3601/21 9:00962
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンで成功しているニッチブランドのM&Aが活発化。買収企業が語るAmazon内で売上を伸ばす秘訣と成長分野とは

Amazonでの販売に成功している小規模ブランドを買収しようと、資金が潤沢にある企業が続々と名乗りを上げています。なぜ、Amazon出品事業者の企業買収が活発化しているのでしょうか
Digital Commerce 3601/14 8:001690
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

消費動向から見えるEC事業者が品ぞろえを広げることの重要性とは?

コロナ禍で小売事業者は、成長促進のため品ぞろえの拡大を加速させたという意向があります。消費者アンケートから品ぞろえを広げる重要性を探っていきます
Digital Commerce 3602020/12/17 12:00541
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

【2021年の小売業界予測】「実店舗のデポ化」「デリバリー革命」「オンライン接客」などニューノーマル時代の5トレンド

2021年は小売事業者にとって大きな変化の年になるでしょう。「ニューノーマル」に迅速に適応しながら2021年を迎えるために、小売り事業者がチェックするべき5つのトレンドを解説
Digital Commerce 3602020/11/19 9:0017150
PR

【締切間近|11/13開催】ECビジネス成功の秘訣は何ですか?ECプラットフォーム8社が集結するAmazon Pay主催オンラインイベント

「ネットショップを始めたい」「ECをさらに強化したい」という事業者のニーズに応える「Amazon Pay」主催のオンラインイベント「はじめるネットショップ ONLINE EXPO 2020」。ECプラットフォームを提供する8社による講演、EC業界4団体のトップ・幹部によるパネルディスカッションやベテランショッパー「ozie」「小島屋」による対談など全11講演を用意しています
ネットショップ担当者フォーラム編集部2020/11/10 7:007320
PR

【11/13開催】EC業界4団体&老舗人気サイト「ozie」「小島屋」が語るECビジネス成功の秘訣~全部無料で学べるAmazon Pay主催オンラインイベント

「ネットショップを始めたい」「ECをさらに強化したい」という事業者のニーズに応える「Amazon Pay」主催のオンラインイベント「はじめるネットショップ ONLINE EXPO 2020」。EC業界4団体のトップ・幹部によるパネルディスカッションやベテランショッパー「ozie」「小島屋」による対談など全11講演を用意しています
ネットショップ担当者フォーラム編集部2020/11/4 9:0027120
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

ウォルマートのECが伸びている要因は「スタートアップ精神」。小売業がコロナ禍を生き抜くには「長期視点での投資」にあり

伝統的な小売業者がコロナ禍を生き抜くためにはEコマースへの投資を増やさせなければなりません。成功するためには、新しいテクノロジーの活用などスタートアップ精神を持つ必要があります。米国のスーパーマーケットチェーン「Walmart」は、それを実践し成果を出している大企業の一例です
Digital Commerce 3602020/10/15 8:00470
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Amazonの必勝パターンに学ぶ。購入前→購入中→購入後のタイミングでEC事業者が提供すべき各5つのアプローチ

「購入前」「購入中」「購入後」の購入サイクル全体をカバーしながら、各ステージで特徴的な商品やサービスを提供すれば、自社のECサイトを成長につなげることができるようになります
Digital Commerce 3602020/10/8 8:00310
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Amazonは次にどこへ行く? 海外のデータから見えるアマゾンの次の一手と戦略

Amazonの収益は4分の1以上が海外市場によるものです。Amazonがまだマーケットプレイスを運営していない他の海外市場にはいくつもの課題があるため、未進出のマーケットでは、消費者への販売を伴わない分野がAmazonの最大のチャンスになるかもしれません
Digital Commerce 3602020/9/17 8:001570
ネットショップ担当者フォーラム 2020 セミナーレポート

自社ECサイト1万社超が使う「Amazon Pay」とは? 決済の特長、事例、音声対応までを徹底解説

「Amazon Pay」の運用開始(2015年5月)から5年が経過し、導入企業数は1万社を突破。多くの自社ECサイトが使うID決済サービスの効果や実績などを解説
吉野 巨人2020/9/10 9:001131
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

まだあまり知られていない2020年のEC市場(北米)5つのトレンドとは?

食料品販売では「店舗がECの大きな資産になる」、「カタログ通販と親和性の高いオンライン販売」、「健闘している小規模オンライン小売事業者」など、米国で起きているEC業界5つのトレンドを紹介します
Digital Commerce 3602020/9/10 8:00653
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

食料品のネット通販が加速した2020年。新型コロナウイルス終息後も消費者のEC利用は続く?

2020年、消費者と食品小売事業者の関係が劇的に変化し、オンラインでの注文が急増しました。ウイルスの危機が去った後も、引き続き多くの世帯がEコマースを利用するでしょう。
Digital Commerce 3602020/9/3 8:00622
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

デジタル広告の状況から見えるコロナ禍のデジタルマーケティングの変化とは? クリック数は過去最高もCPCは最安値を更新

マーケティング会社Merkleが発表した最新の「デジタルマーケティングレポート」によると、有料検索広告のクリック数とインプレッション数が増加した一方、クリックあたりのコストは大幅に減少しています
Digital Commerce 3602020/8/20 8:0015131
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

小売事業者は「ECに注力しない」という選択肢がなくなった理由

消費者の多くは、新型コロナウイルスの大流行時に初めてECを試さざるを得ない状況になりました。同時に多くの実店舗が閉鎖されたために、オンラインショッピングの利用が増えたようです。
Digital Commerce 3602020/7/9 8:0032123
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

「1秒の読み込み速度がECサイトの明暗を分ける」――小売事業者はデジタルエクスペリエンスの重要性を理解しよう

デジタルシフトに遅れをとっていた企業だけでなく、すべての企業にとって、今があらゆるレベルでデジタル化に取り組むべき時。どのように対応していくかが、今後数年間の小売業の行方を左右することになるでしょう
Digital Commerce 3602020/7/2 8:0015120
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

【ECの配送ニーズ大調査】「配送スピード」「送料無料」を求める消費者インサイト

AmazonがEC業界のスタンダートを作っていくため、引き続き送料無料に関する動向は注視する必要があります。間違いなく、消費者は節約する方法を探し、すべての注文で送料を無料にする方法を見つけていくでしょう
Digital Commerce 3602020/6/25 8:0010120
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

オムニチャネルの強化、Amazon戦略の再考――EC事業に新型コロナウイルスが及ぼす影響6つのポイント

新型コロナウイルスが北米全土に拡大したことで、消費者の購買行動は劇的に変化し、Digital Commerce 360発行「北米EC事業 トップ1000社データベース 2020年版」にランクインした北米を代表するEC事業者の多くが、新しい戦略を迅速に採用するようになりました。
Digital Commerce 3602020/6/11 8:00850
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Amazonのプライベートブランド戦略とは? 主要ブランドは「低価格&幅広く」、小規模ブランドは「特定ターゲットに」

Amazonは現在111のプライベートブランドから、2万2,617点の商品を提供しています。その数は2018年6月時点から3倍以上になっています。プライベートブランドにおけるアパレル、アクセサリー、靴類が占める割合は、2年前は4分の3でしたが、現在では半分になりました。
Digital Commerce 3602020/6/4 8:00670
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

返品サービスの拡充が競争優位性&顧客体験の向上につながるワケ。消費者意識から見えるビジネスチャンスとは

スムーズな返品サービスの提供は小売事業者がビジネスを行う上で基本的なポイントになっています。そして、小売業が激変を続ける中、業界全体の変化を促進するためには、返品問題を解決するためのパートナーシップが重要になるでしょう
Digital Commerce 3602020/4/9 7:00550
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Amazon内でクリック数向上&売上アップを実現するには? アマゾンの有料広告・レビュー・SEO戦略の基礎

Amazonでの販売を促進するには、有料のマーケティング戦略とオーガニックのマーケティング戦略の両方を完全に理解する必要があります。今回は、Amazonにおける広告の事例と、Amazonで購入した顧客に効果的にレビューを促す方法についてご紹介します。
Digital Commerce 3602020/4/2 9:00523
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

ウォルマートが始める有料会員サービス「Walmart+」とは。Amazonプライムとの差別化のカギは「実店舗」

Walmartは「Walmart+」という有料会員プログラムを開始する予定です。小売大手のWalmartは、その巨大な店舗網を活用し、Amazonには提供できない特典を提供するロイヤルティプログラムにするだろうと、専門家達は考えています。
Digital Commerce 3602020/3/19 9:001080
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンにも負けない顧客体験を提供するには?キーワードは「柔軟性」「エコロジカル」「商品力」

多くの消費者はAmazonが提供する迅速な無料配送と、豊富な品揃えを評価していますが、同時に彼らはeコマース最大手の同社に懸念を抱いています。ユニークで本物の商品と持続可能なビジネスを展開できる競合小売事業者は、Amazonから顧客を奪うことができるかもしれません。
Digital Commerce 3602020/3/12 9:00670
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

デジタル時代の消費者ニーズ大調査2020「最新の購買行動」「Amazonを利用する理由」「自社ECサイトに求めること」

小売事業者にはカスタマーエクスペリエンスを向上させる機会が数多くあります。カスタマーエクスペリエンスは配送から始まりますが、商品の品揃えは依然として購買体験の生命線です。
Digital Commerce 3602020/2/20 8:0083443
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

“良質な顧客体験”の提供はモバイルシフトにあり。リアル店舗企業のチャネルシフトに役立つ3つのヒント

モバイルは店舗と顧客を繋ぐ、強力なツールになり得ます。実店舗での印象的な体験とオンラインでの存在感を併せ持つ小売事業者が成功するでしょう。
Digital Commerce 3602020/2/13 8:00560
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

アマゾン日本事業の売上高は約1.7兆円【Amazonの2019年実績まとめ】

ドルベースの売上高は160億200万ドルで前期比15.7%増(2018年の日本事業売上高は138億2900万ドルで、前期比16.1%増)
瀧川 正実2020/2/10 7:00144334
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

リピーターを生む「返品対応」とは? EC事業者のピンチをビジネスチャンスに変える5つのヒント

消費者からの返品を容易にし、さらに将来、返品を行った消費者から信頼を得る可能性を高める5つの方法を紹介します
Digital Commerce 3602020/1/30 8:001552
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

通販・ECの差別化はフルフィルメントにあり! ARやロボットなど2020年の5大トレンド

小売事業者は、倉庫やフルフィルメント業務に高度な技術を採用することで、競合他社との差別化を図ることができます。その方法を5つご紹介します。
Digital Commerce 3602020/1/23 8:00672
PR

【終了しました】Amazon Pay体験で500円分のAmazonギフト券をプレゼント!

Amazonが用意した「Amazon Payデモショッピングサイト」で、ID決済サービス「Amazon Pay」を体験すると、500円分のAmazonギフト券をプレゼントします
ネットショップ担当者フォーラム編集部2020/1/20 8:0067102
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

デジタル化が進む米国のECビジネス向けの新法律「マーケットプレイスファシリテーター法」とは?

AmazonやeBayなどが運営するオンラインマーケットプレイスに対し、販売者に代わって売上税を徴収し納付することを義務付ける、マーケットプレイスファシリテーター法が昨年10月1日、カリフォルニア州、テキサス州などでも施行されました。
Digital Commerce 3602020/1/16 8:00641
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Amazonはどこまで拡大する? スピード配送、広告ビジネス強化、新食料品店など2019年のアマゾン施策まとめ

Amazonは2019年に多くの実証実験を行い、さまざま分野でその成果が現れました
Digital Commerce 3602020/1/9 8:001150
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

“ゆっくり配送”のメリットとは? 脱スピード配送によるコスト削減&ストレス軽減【メイシーズ、Amazonなどの事例】

Macy's、Gap、Amazon、Targetは、サイバーファイブの週末(11月第4木曜日のサンクスギビングから次の月曜日までの5日間を指す)にオンラインで購入した商品の配送が遅れてもいいというオプションを選択した消費者にインセンティブを提供しています。この施策は、1年で最も忙しい時期にサプライチェーンにかかるストレスを軽減するのに役立っています。
Digital Commerce 3602019/12/19 8:001350
PR

自社ECサイトも音声ショッピングに“手軽に”“開発知識なし”で対応できる環境が整った!「Amazon Pay」のスゴイ取り組みをサポートするアイピーロジックに話を聞いた

オープンソースのECパッケージ「EC-CUBE」を利用してECサイトを運営するショップオーナー向けに「Amazon Pay」が組み込まれた「Alexaスキル」を、“手軽に”“開発知識なし”“無料”で構築できるプラグインを開発したアイピーロジック。毛塚傑社長にその仕組み、開発に至った経緯などを聞いた
瀧川 正実2019/12/18 8:004361
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

AmazonとGoogleでのマーケティングは何が違う? アマゾンで成功するための包括的アプローチとは

Googleでは、検索エンジン最適化とPPC広告は別物です。しかし、商品ページがSEOと広告の成功、それぞれの中心にあるAmazonの場合はそうではありません。
Digital Commerce 3602019/12/5 8:0011154
PR

三陽商会、ドスパラ、ビジョンが実装した「Alexa」を通じて配送状況を知らせる「Amazon Pay」のスゴイ取り組み

「Amazon Pay」導入企業なら手軽に配送状況の音声通知が可能に
瀧川 正実2019/11/12 13:006673
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

なぜAmazonとTESCOは中国EC市場で失敗し、コストコは成功したのか?

中国市場での成功例と失敗例とニューリテール
Digital Commerce 3602019/11/7 8:005182
通販新聞ダイジェスト

アマゾンがスピード配送を縮小する理由

10月31日までに関東圏でも展開エリアを縮小、11月1日以降は都内10区(板橋・中野・北・豊島・文京・荒川・足立・新宿・練馬・杉並)の一部エリアのみの展開とする
通販新聞2019/10/9 10:0026211
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンがeコマース市場を独占する理由【数字で見るAmazonの強さ】

米国のeコマース売上の約37%を獲得しているAmazon。成長の背景にはマーケットプレイスの拡大がある
Digital Commerce 3602019/9/19 8:003591

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]