瀧川 正実 2/3 9:00

千趣会は通販ブランド「ベルメゾンネット」の送料基準、会員プログラムなどを2022年に刷新した。

従来、税込5000円以上の購入で送料は千趣会が負担(税込5000円未満は送料490円)していたが、それを全面刷新。2022年1月1日受付分から1回の注文金額にかかわらず490円(税込)を徴収する。

千趣会では利用客に対し、「今回の改訂では、お客さまにご負担をお願いする結果となり誠に申し訳ございません」とお知らせをしている。

あわせてポイントプログラム「スマイルステージ」を「ベルメゾンご優待サービス」へリニューアル。注文金額と購入回数に応じて、送料を千趣会が負担するラインを設定、優良顧客ほど手厚いサービスを受けられるようにした。

「ベルメゾンご優待サービス」は、「ブロンズ会員」「シルバー会員」「ゴールド会員」「プラチナ会員」「ダイヤモンド会員」の5ステージで構成。認定月の前月末日までの過去6か月間の注文金額・注文回数で、会員ステージを算定する。認定月は1月、4月、7月、10月の計4回。認定したステージは翌年まで1年間継続する。

千趣会は通販ブランド「ベルメゾンネット」の送料基準、会員プログラムなどを2022年に刷新
会員ステージの認定条件(画像は「ベルメゾンネット」から編集部がキャプチャ)

「ブロンズ会員」「シルバー会員」は5000円以上の購入で、送料を千趣会が負担。「ゴールド会員」「プラチナ会員」「ダイヤモンド会員」は購入金額にかかわらず、送料を千趣会が負担する。

全ステージで、返品理由にかかわらず返品商品を指定場所で千趣会が無料で引き取る。

「プラチナ会員」「ダイヤモンド会員」では、大型商品の配送料金を千趣会が負担する。

千趣会は通販ブランド「ベルメゾンネット」の送料基準、会員プログラムなどを2022年に刷新 ステージ特典の一覧
ステージ特典の一覧(画像は「ベルメゾンネット」から編集部がキャプチャ)

通販・EC業界では昨今、新規顧客の獲得単価増、少子高齢化などに伴い、既存顧客のLTV(顧客生涯価値)向上、ロイヤルカスタマーの醸成などに力を入れる企業が増えている。千趣会のサービス刷新は、こうした時流が背景にあると見られる。

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]