ZETAは、日本流通産業新聞社が発行する『日本ネット経済新聞』の『2021年版 ネット通販売上高ランキングTOP500』(2022年6月10日号)のTOP100にランクインしたECサイトのレビュー機能を調査した。

TOP100社のなかでレビュー導入企業は76社が導入。アダストリア、TSIホールディングス、アーバンリサーチなど10社がレビュー・口コミ・Q&Aエンジン「ZETA VOICE」を導入していたという。

9割が総合評価を表示

星や点数など総合評価を表示している割合は90%で、最も実装率が高く、さまざまな業界で使われていることがわかった。

ネット通販売上高TOP100のECサイト レビュー機能調査 ZETA 総合評価表示の実装率
総合評価表示の実装率(出典:ZETA)

並び替え、絞り込み機能はアパレル・化粧品で多い傾向

レビューを並び替え、絞り込みする機能については、アパレル・化粧品業界などのECサイトで実装率が高い。「星の数」「高評価・低評価」だけでなく「投稿者情報(性別/年代/身長など)」をもとにレビューを選んで閲覧、参考にできるようになっているという。

絞り込み機能があるECサイトでは、必ず並び替え機能が実装されているという特徴があった。並び替え、絞り込みの実装率は26%、並び替えのみは29%、どちらもなしは55%だった。

ネット通販売上高TOP100のECサイト レビュー機能調査 ZETA 並び替え、絞り込み機能の実装率
レビューの並び替え、絞り込みの実装率(出典:ZETA)

投稿者情報の掲載、化粧品業界は100%

投稿者情報の掲載率は、全体で49%、化粧品業界は100%、アパレルは87%だった。化粧品では年代、肌質、愛用歴などを、アパレルでは身長、年代、体型、普段のサイズを掲載しているケースが多い。

ネット通販売上高TOP100のECサイト レビュー機能調査 ZETA 投稿者情報の掲載率
投稿者情報の掲載率(出典:ZETA)
調査実施概要
  • 調査機関:ZETA
  • 調査対象:『2021年版 ネット通販売上高ランキングTOP500』のTOP100ランクイン企業のECサイト
  • サンプル数:統合・サービス終了したサイトを除く98サイト
  • 調査方法:2022年5月時点の各ECサイトを閲覧
この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

藤田遥

ネッ担編集部

保険系SE→ECサイト運営を経て、編集未経験でインプレスに入社し、ネットショップ担当者フォーラム編集者に。カレーとコーラが好き。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]