EC構築支援プラットフォーム「FutureShop2」のフューチャーショップは、9月1日から提供を始めたオプションサービス「Amazonログイン&ペイメント」を導入し、稼働した店舗が開始1か月で150店舗を突破したことを明らかにした。

フューチャーショップはECプラットフォームとしては初めて「Amazonログイン&ペイメント」を搭載。「他社ID連携・決済オプション」として「FutureShop2」の導入企業が利用できるようにしている。

「Amazonログイン&ペイメント」は、自社ECサイトで「Amazon.co.jp」のアカウント情報を使って配送先指定やクレジットカード決済などができるもの。自社サイトの新規顧客獲得などの効果が期待されている。

フューチャーショップは「Amazonログイン&ペイメント」を利用しているECサイト10店舗を無作為に抽出し調査を実施。調査期間中の購入顧客のうち、「Amazonログイン&ペイメント」を利用した消費者の割合は平均29%(最高44%、最低8%)、新規購入者だけでは平均34%(最高48%、最低12%)だった。

新規会員登録を行った顧客の割合は「Amazonログイン&ペイメント」利用ユーザーでは平均60%(最大71%、最低39%)。それ以外の決済方法利用ユーザーの平均は25%で、約2.4倍の開きがあった。

新規購入者の3人に1人が「Amazonログイン&ペイメント」を利用して注文を完了しており、そのうちの6割が新規会員登録を完了している。フューチャーショップによると、「多くの消費者がAmazon以外のECサイトにてAmazonアカウントを利用することを選択し、買い物を完了していることが伺える」としている。

フューチャーショップの「FutureShop2」で「Amazonログイン&ペイメント」機能を利用している店舗の一部

「Amazonログイン&ペイメント」を導入しているユーザーの一部
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム