ディー・エヌ・エー(DeNA)が2月5日に発表した2015年4~12月期第3四半期)連結業績によると、2015年10~12月のショッピング取扱高は前年同期比8.1%減の159億円となった。

2015年7月にKDDIが提供するキャリア決済サービス「auかんたん決済」の決済額が引き下げられ、「auショッピングモール」の流通額が大きく落ち込んだことが影響した。

DeNAのショッピング取扱高は、「DeNAショッピング」「auショッピングモール」「SEIYUドットコム」などの流通額を合算した金額。

これまでユーザーの利用状況や支払い状況に合わせて設定されていた「auかんたん決済」の月間利用限度額が、2015年7月に一律で1ユーザーあたり1万円に引き下げられた。

従来、8万円ほどの利用限度額いっぱいまで利用していたユーザーも多かった。限度額の引き下げで、「auショッピングモール」の流通額が減少。1人あたりの購入単価が高くなる年末に大きな影響が出たという。

「DeNAショッピング」はキュレーションメディアとの連携などで、順調に流通額を拡大。「auショッピングモール」の流通額減少による影響が大きかったとしている。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 
タグ: 

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム