よろしければこちらもご覧ください

LINEは企業・店舗向けに提供しているビジネスアカウント「LINE@(ラインアット)」で、配信数による従量課金制度を4月から廃止する。LINE@公式ブログで3月29日に公表した。

月額利用料5400円の有料プランでは、月5万通の総配信数まで無料で配信することができ、5万通を超えた場合は1通あたり1.08円(税込み)が必要になる従量課金制度を採用していた。

4月からは月額5400円で、好きなだけメッセージを配信することができるようになる。LINEはこれまで、キャンペーンとして「メッセージが無制限に打ち放題」を展開していた。正式に従量課金制度のないプランとして提供する。

LINE@は月額1000通まで配信できる、月額無料のプランもある。

LINE@のメッセージが月額固定で好きなだけ配信できるようになる。従量課金制度を廃止

LINE@公式ブログで従量課金の廃止を告知した(画像は編集部がキャプチャ)

ネット通販会社の「LINE@」活用は、通販サイトへのリンクを掲載した情報を投稿し、自社ECサイトなどにLINEユーザーを誘導する方法が主流。通常セールス比で数倍の販売数、新規購入者率が20%増加、客単価が約3割上昇したといった事例も出ている。

3月には「LINE@」アカウント上にカート機能を搭載できるコマース機能をリリース。「LINE@」アカウントとつながっているLINEユーザーに向けて情報をプッシュ通知し、購入までを一気通貫で完結できるようにした。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint メルカート
[スポンサー]
株式会社アイル 株式会社電通デジタル