ベネッセコーポレーションの顧客情報が外部に流出した問題で、ベネッセホールディングスは7月24日、現時点ではクレジットカード情報の漏えいは確認されていないとするコメントをコーポレートサイト上に掲載した。7月22日に行った会見の後、一部報道などでカード情報の漏えいについての可能性を指摘されていた。

コーポレートサイト上で掲載されている「多く寄せられたご質問」コーナーで7月24日、「クレジットカード情報の漏えいはないですか」という設問を更新。それに答える形式で、現状について回答した。

サイト上では「現時点で確認できているところでは、クレジットカード情報や有効期限、銀行口座の情報、郵便局の口座情報、支払いの記録は漏えいしたデータに含まれていない」と記載。金銭的な被害を受けたという報告についても、現時点では確認されていないとしている。

ベネッセホールディングは、「警察の捜査状況を含めて調査していく」とコメントした。

同社は7月21日、ECサイトの「ベネッセライフスマイルショップ」の一部利用者と、口コミサイト「ベネッセウィメンズパーク」の一部登録者の情報も流出対象となったことを確認したと発表していた。流出対象となった顧客情報は約2260万件にまで広がっている。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム