現在地

tweet4はてなブックマークに追加

ネットショップ管理システム「CROSS MALL」などを提供するアイルは8月21日、ブロックチェーンを活用し、ECサイトの不正アクセスなどを防止する新たなセキュリティへの取り組みを開始したと発表した。

ブロックチェーンの研究開発やソリューションの提供を行うシビラ社と提携。業務管理クラウドサービス「CROSSシリーズ」において、シビラ社が開発した「Broof」の運用を8月から開始した。

ECサイトで「いつ誰が、どのような操作をしたか」を記録する「監査ログ」の管理を、「Broof」で行い、ネットショップの販売情報や顧客情報などの改ざんを防ぐ。

アイルによると、「Broof」はエンタープライズ領域にも適用可能な高い堅牢性とパフォーマンス、トレーサビリティを持ち、電子的に保存された自動的に実行される契約・合意・取引などの柔軟な実行も可能にするという。

ネットショップ管理システム「CROSS MALL」などを提供するアイルは、ブロックチェーンを活用したセキュリティへの取り組みをスタート

「CROSS MALL」と「Broof」の運用イメージ

今後は「Broof」の特徴を生かし、不正アクセスや人為的失敗よるサービス停止障害などを防止する業務管理クラウドサービスの実現をめざす。

ポイントや商品などをトークンエコノミー(ブロックチェーン上のデジタル資産の流動によって生まれる経済)に乗せることで、在庫の流動性向上や、新たな購買動機の創出などを生み出すプラットフォームの構築も想定している。

「CROSSシリーズ」は、アイルが中小規模の小売業向けに提供している業務管理システム。複数のネットショップの商品登録や在庫管理、受注処理などを一元管理する「CROSS MALL(クロスモール)」、実店舗とネットショップのポイントや顧客情報を一元管理する「CROSS POINT(クロスポイント)」などを展開している。 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma!