RoboMarketerは1月16日、広告運用などを自動化するマーケティング・アシスタントサービス「Roboma(ロボマ)」のβ版をリリースしたと発表した。

「Roboma」は人工知能(AI)を活用し、広告の運用や分析業務を自動化するクラウドサービス。

FacebookやInstagram、GoogleAdwords、Twitterなどの広告アカウントと連携し、広告レポートの作成やROI(投資対効果)の可視化などを自動化することで、企業のマーケティング活動の効率化を促進する。

広告アカウントとの連携は、簡単な手順によって1分で完結するという。

連携した広告アカウントのレポートを一元管理し、費用や獲得コスト(CPA)などの指標をグラフで表す。

管理画面の閲覧権限をチームメンバーや代理店などに付与することで、レポートを共有して円滑な意思疎通を図ることもできる。また、データをもとに、AIが最適なアクションをアドバイスするという。

RoboMarketerは広告運用などを自動化するマーケティング・アシスタントサービス「Roboma(ロボマ)」のβ版をリリース

「Roboma(ロボマ)」のダッシュボードのイメージ

料金プランは「フリー(無料)」「ベーシック(9800円)」「プロ(2万9800円)」「エンタープライズ(個別見積)」の4種類。

RoboMarketerは同日、エウレカ創業者の赤坂優氏などを引受先として総額約4000万円の第三者割当増資を実施したことも公表した。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

通販/EC業界の専門紙を発行する新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。EC業界のBtoB領域に特化した編集プロダクションとして活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム