ホームセンターの島忠は、売上高と利益率の低迷を受け、EC事業の強化を含む構造改革に着手した。2019年8月期から2021年8月期までの中期経営計画を公表。3年間で合計269億円を投じ、店舗開発や業態開発、インフラ整備などに取り組む。

EC関連では、家具やホームファッション商品のEC・ネットマーケティングの体制を整備する。

島忠は、売上高と利益率の低迷を受け、EC事業の強化を含む構造改革に着手
島忠がめざすEC強化策(画像は中期経営計画から編集部がキャプチャ)

SNSやメルマガ、オウンドメディアなどを通じて住まいに関するコンテンツを発信。コンテンツをきっかけに顧客接点を創出し、店舗やECサイト「シマホネット」に送客する。

ECサイトと店舗の相互送客にも取り組む。ECサイトの役割は「家具の品ぞろえが豊富で比較・検索がしやすい場所」と位置付け、商品の実物を見たい顧客を店舗に送客。一方、店舗に来店した顧客が商品を実際に見てから、自宅でサイズを確認してECサイトで注文しやすいようにする。

島忠は現在、AR(拡張現実)技術を活用して自宅で家具の配置をシミュレーションできるスマホアプリ「シマホAR」なども提供している。

家具業界ではニトリなどがEC強化

家具業界ではニトリホールディングスなどがECを強化している。ニトリの2018年2月期における通販売上高は、前期比35.0%増の305億円だった。ECサイトで使う商品画像にコーディネート写真を増やしたほか、店舗とECの連携を強化した。

通販新聞が実施した通販売上高ランキングによると、2017年度の家具ジャンルの上位5社はニトリ(305億円)、タンスのゲン(146億円)、ベガコーポレーション(129億円)、山善(82億円)、ジェネレーションパス(76億円)となっている。

ジャンル別売上高ランキング(家具)
通販新聞(8/16公開)が公表した家具のEC売上ランキング
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。編集者兼ライターとしても活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム