MMD研究所とコロプラが共同で実施した「2018年版:スマートフォン利用者実態調査」によると、スマホユーザーがよく利用するECサイト・アプリのトップは「Amazon」で利用率は75%だった。次いで「楽天」が53%、「Yahoo!ショッピング」が28%。MMD研究所が12月10日に調査結果の一部を公表した。

スマートフォンを所有しており、かつネットショッピングを利用している15歳~59歳の男女2560人に、よく利用するECサイトやECアプリを質問した(選択式・複数回答)。

利用割合が高い順に「Amazon」(75.0%)、「楽天」(53.6%)、「Yahoo!ショッピング」(28.8%)、「メルカリ」(18.8%)、「ZOZOTOWN」(8.0%)、「ラクマ」(6.0%)、「LOHACO」(5.5%)、「Wowma!」(4.8%)、「Qoo10」(4.1%)、「セブンネットショッピング」(4.0%)となっている。

スマホユーザーがよく利用するECサイト・アプリは、利用割合が高い順に「Amazon」(75.0%)、「楽天」(53.6%)、「Yahoo!ショッピング」(28.8%)、「メルカリ」(18.8%)、「ZOZOTOWN」(8.0%)、「ラクマ」(6.0%)、「LOHACO」(5.5%)、「Wowma!」(4.8%)、「Qoo10」(4.1%)、「セブンネットショッピング」(4.0%)

デバイス利用率はスマホが約8割、PCが約4割

スマホ所有者(2718人)を対象に、ネットショッピングの際に利用するデバイスを質問した(複数回答)。

その結果、「スマートフォン」は81.3%、「PC」は38.2%、「タブレット」は12.0%、「その他のデバイス」は0.8%だった。「ネットショッピングをしない」は5.8%。

ネットショッピングの際に利用するデバイス

スマホで買うものトップは「服・ファッション・小物」

スマホでネットショッピングを利用すると回答した2210人を対象に、2018年にスマホで購入した商品ジャンルを質問したところ、「服・ファッション・小物」が42.3%で最も多かった。

2位以下は「本・漫画」(34.0%)、「食料品・飲料・お酒」(33.3%)、「美容・化粧品」(27.4%)、「DVD・BD・CD」(25.7%)、「シューズ・バッグ」(24.8%)、「雑貨・家具・インテリア」(21.9%)と続いた。

2018年にスマホで購入した商品ジャンル

2018年からスマホ決済を使い始めたのは21%

スマホ所有者(2718人)のうち、今年から利用し始めたスマートフォン決済が「ある」と答えたのは21.4%だった。

2018年から使い始めたサービスは「楽天Edy」「楽天Pay」「LINE Pay」「nanaco」「WAON」などが上位にあがっている。

2018年から利用し始めたスマートフォン決済

調査概要

  • 調査名:「2018年版 スマートフォン利用者実態調査」
  • 調査期間:2018年10月31日~11月1日
  • 有効回答:2718人
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査対象:スマートフォンを所有する15歳から59歳の男女
  • 設問数:52問
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

通販/EC業界の専門紙を発行する新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。EC業界のBtoB領域に特化した編集プロダクションとして活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム