アスクルが発表した2018年6-11月期(中間期)における一般消費者向けEC(BtoC事業)の売上高は、前年同期比56.1%増の326億円だった。BtoC事業のうち、「LOHACO」の売上高は同43.9%増の257億円。

BtoC事業は「LOHACO」の売り上げが伸びたほか、ペット用品通販の「チャーム」が連結対象に加わったことで大幅増収となっている。アスクルは2017年7月にチャームを買収した。

BtoC事業の営業利益は44億円の赤字。「LOHACO」事業の営業赤字44億円が響いた。

アスクルの2018年6-11月期(中間期)の連結業績
2018年6-11月期(中間期)の連結業績(画像は決算説明会資料をキャプチャ)

BtoCの流通総額は333億円で、通期は692億円を計画

2018年6-11月期におけるBtoC事業の流通総額は、前年同期比58%増の333億円。BtoC事業の流通総額とは、「LOHACO」の売上高に「LOHACOマーケットプレイス」経由での取扱高とチャームの売上高を加算した数値。

2019年5月期における流通総額の計画は、前期比34%増の692億円。

アスクルの「LOHACO」マーケットプレイスの流通総額推移
「LOHACO」マーケットプレイスの流通総額推移(画像は決算説明会資料をキャプチャ)

「LOHACO」は独自商品強化、通期売上高548億円を計画

2019年5月期における「LOHACO」の売上高計画は、前期比31.3%増の548億円。

アスクルは「LOHACO」のオリジナル商品の取り扱いを拡充。2018年5月には「Yahoo!ショッピング」へ出店し販売チャネルを拡大した。

2019年1月10日から、「LOHACO」の配送料金を改定する予定。配送料が無料になる注文金額の条件を、現在の「税込1900円以上」から「税込3240円以上」に引き上げる。

一方、基本配送料は350円から216円に値下げし、利便性を維持。買い回りを促進するとともに、送料改定で利益面の改善につなげる。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。編集者兼ライターとしても活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム