アマゾンジャパンは、物流代行サービス「フルフィルメント by Amazon (FBA)」の料金体系を2月に改定する。

配送代行手数料を値上げする一方、在庫保管手数料は値下げする。料金改定の理由として人件費や輸送費の変動をあげている。

FBA配送代行手数料は増額

2月21日の出荷分から配送代行手数料のサイズ区分を変更する。

梱包を含む商品の長さ、幅、高さの合計値と、サイズ帯ごとに規定した重量によって「小型」「標準」「大型」に分類する。

アマゾンジャパンは、物流代行サービス「フルフィルメント by Amazon (FBA)」の料金体系を2月に改定
配送代行手数料のサイズ区分(画像は「amazon seller central」からキャプチャ)

新料金は「小型」が252円、「標準」は354~490円、「大型」は565~1569円。また、価格が4万5000円以上の商品に適用されている手数料免除制度を廃止する。

現行の料金体系では「小型」は226円、「標準」は360円で重さが1kg増えるごとに6円加算、「大型」は622~1398円。

アマゾンジャパンは、物流代行サービス「フルフィルメント by Amazon (FBA)」の料金体系を2月に改定
新料金について(画像は「amazon seller central」からキャプチャ)

在庫保管手数料は減額

2月1日在庫分から在庫保管手数料を引き下げる。

在庫保管手数料は現在、「小型」「標準」「大型」が共通で7800円(10~12月は9000円)×サイズ×保管日数で決まる。

新料金体系では、1~9月における「小型」「標準」の在庫保管手数料を現在よりも35%引き下げる。

大型商品の在庫保管手数料は、1~9月は現在より45%引き下げ、10~12月は現在より15%引き下げる。

料金改定の理由についてアマゾンジャパンは、Webサイト上で次のように説明している。

FBAでは、お客様の期待に沿えるように、質の高いサービスと、迅速かつ配送料無料のサービスを提供しております。このサービス品質を今後も高く維持するために、定期的に、保管、フルフィルメント、輸送、カスタマーサービスのコストなど様々な要素を考慮し、手数料の改定を行っております。

この記事が役に立ったらシェア!
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。編集者兼ライターとしても活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム