ハーバー研究所は9月10日から、顧客の購入履歴や閲覧履歴を基にメルマガを受け取るユーザーに最適な情報を配信するメルマガ配信を始めた。メルマガ開封時にリアルタイムでユーザーに興味がある情報を提供できるようにする。

レコメンドシステムのシルバーエッグ・テクノロジーが提供するリアルタイム・レコメンドメールサービス「レコガゾウ」を導入した。

「レコガゾウ」はシルバーエッグ社のリアルタイム・レコメンドサービス「アイジェント・レコメンダー」のオプションサービスで、メール開封時にレコメンド結果をリアルタイムに抽出し、メール内に表示するサービス。

レコメンドメールのリアルタイム配信を実現したことで、レコメンドコンテンツ抽出からメール開封までの時間に在庫切れが発生する懸念を解消。メールを受け取るユーザーは、開封時点で最適な商品がメルマガに表示されるようになる。

ハーバー研究所はシルバーエッグ・テクノロジーが提供するリアルタイム・レコメンドメールサービス「レコガゾウ」を導入した

レコメンド機能を搭載したメルマガのイメージ

ハーバー研究所によると、「自分が今まさに興味がある情報が届いた」と認識してもらえるという。顧客満足度を高めるメールマーケティングが可能になるとしている。

ハーバー研究所はこれまで最新の商品情報やお得情報、顧客状況に合わせたセグメントメルマガを配信してきた。一方、従来のメルマガは一方通行で、受け取り側にとって最適化した情報を増やしたいと考え、「レコガゾウ」の導入を決めた。

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]