ZOZOは4月25日、通期決算発表で2019年度に取り組むさまざまな施策を公表した。プライベートブランド「ZOZO」で培ったマルチサイズ展開のノウハウ活用、「ZOZOTOWN」の顧客ID「ZOZO ID」を軸にした決済サービスの提供など、主な取り組みをまとめた。(画像は「ZOZOTOWN」のサイトを編集部がキャプチャ)

PB事業で培ったノウハウを活用する「MSP事業」

採寸ボディースーツ「ZOZOSUIT」で得た体型データを活用して出店ブランドが企画する商品を多サイズ展開し、「ZOZOTOWN」上で販売する「MSP(マルチサイズプラットフォーム)事業」を2019年秋から開始する。

出店ブランドと商品の企画・販売を行い、ユーザーニーズの多様化に応えるという。

「ZOZOSUIT」で得た100万件以上の体型データを活用し、ユーザーの身長・体重に応じた最適なサイズを展開するプラットフォームを出店ブランドに提供。出店ブランドが企画する商品の販売を行うというもの。

「憧れのブランドの商品が理想のサイズ(マルチサイズ)で買えるようになる世界」(ZOZO)をめざすという。

「ZOZOTOWN」上で販売する「MSP(マルチサイズプラットフォーム)事業」を2019年秋から開始
「ZOZOTOWN」上で販売する「MSP(マルチサイズプラットフォーム)事業」を2019年秋から開始(画像は決算説明会補足資料からキャプチャ)

「ZOZOTOWN」の顧客ID「ZOZO ID」を軸にした決済サービス

「ZOZOTOWN」の顧客ID「ZOZO ID」を軸にした決済サービスの提供を始める。ブランドが運営する自社ECサイトにおいて「ZOZO ID」を使ってログインできるようにし、「ZOZO ID」で登録している顧客データで決済できるサービスを提供する

ZOZOが「ZOZOTOWN」の顧客ID「ZOZO ID」を軸にした決済サービスの提供を始める
「ZOZO ID」ログイン連携の決済サービスを自社ECサイトへ提供していく(画像は決算説明会補足資料からキャプチャ)

「ZOZO ID」ログイン連携の決済サービスの利用は、「ZOZOTOWN」出店企業の自社ECのフルフィルメント支援サービス「Fulfillment by ZOZO」の導入企業に限定する。

「Fulfillment by ZOZO」は子会社のアラタナが2019年10月に始める自社EC支援サービス。物流業務の受託を中心とした自社EC支援サービスの運営手数料15%(自社ECで販売する商品の撮影、採寸、保管などのフルフィルメント業務にかかる手数料)を無料化するのが特徴。

「ZOZOTOWN」出店企業の自社ECのフルフィルメント支援サービス「Fulfillment by ZOZO」
「Fulfillment by ZOZO」は手数料を無料としているのが特徴

越境型で中国向けECに再進出

「ZOZOTOWN」の中国進出を決定し、2020年3月期中に日本国内の物流センター「ZOZOBASE」から直送する越境EC型で中国市場を開拓する。展開するのは中国の大手モールではなく、独自サイトとアプリ。

「ZOZOTOWN」の中国進出を決定し、2020年3月期中に日本国内の物流センター「ZOZOBASE」から直送する越境EC型で中国市場を開拓する
再び中国EC市場に進出する(画像は決算説明会補足資料からキャプチャ)

中国向け越境ECの「ZOZOTOWN」は、中国への販売市場拡大を希望するすべての出店ショップが対象。「ZOZOTOWN」で販売中の商品を中国の消費者に向けても販売可能にする「越境EC型で展開する。販売代行手数料は日本での「ZOZOTOWN」出店時と同率。

中国への配送や通関などの一連のフルフィルメント業務、カスタマーサポート業務などはZOZOグループが担う。

「ZOZOTOWN」は、2011年10月に中国向けECサイトをスタートしたものの、2013年1月に閉鎖した。ZOZOによると、現在の中国におけるファッション小売市場は流通総額35兆円超。1人あたりの年間ファッション消費額は2012年と比較して約4倍に成長、売上規模も15兆円を超えているという。

「ZOZOTOWN」の中国進出を決定し、2020年3月期中に日本国内の物流センター「ZOZOBASE」から直送する越境EC型で中国市場を開拓する
6年前の失敗要因について(画像は決算説明会補足資料からキャプチャ)
「ZOZOTOWN」の中国進出を決定し、2020年3月期中に日本国内の物流センター「ZOZOBASE」から直送する越境EC型で中国市場を開拓する
6年前の失敗要因について(画像は決算説明会補足資料からキャプチャ)

自社クレジットカード「ZOZOCARD」のリニューアル

自社クレジットカード「ZOZOCARD(ゾゾカード)」を5月30日にリニューアルする。「ZOZOTOWN」で買い物をした際の「ZOZOポイント」の還元率を、現在の2%から5%に引き上げる。

「ZOZOCARD」は現在、「ZOZOTOWN」での購入金額の2%相当を「ZOZOポイント」で還元している。リニューアル後に還元率5%が適用されるのは「ZOZOTOWN」での買い物のみ。「ZOZOTOWN」以外で買い物した場合の還元率は1%。

「ZOZOARIGATOメンバーシップ」を終了する5月30日に、自社クレジットカード「ZOZOCARD(ゾゾカード)」をリニューアル
「ZOZOCARD(ゾゾカード)」について(画像は編集部がZOZOのサイトからキャプチャ)
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム