AGCはこのほど、窓ガラスに透明ディスプレイを組み込む技術を世界に先駆けて開発。この技術によって窓が情報を表示するプラットフォームとなり、風景に合わせて周辺の観光情報などをリアルタイムに表示することが可能になったという。

電源を切っているときは通常の窓ガラスだが、電源を入れることで窓ガラスに映像が表示されるようになる。

AGCは窓ガラスに透明ディスプレイを組み込む技術を世界に先駆けて開発
電源を切っているときは通常の窓ガラス(画像左)で、入れる映像を表示するディスプレイになる

今後、映像を表示させるだけでなく、窓を通してさまざまな情報を入手できるよう、タッチ機能などインタラクティブ機能を新たに追加する予定。

将来的には、観光名所・博物館・列車・バスなどさまざまな窓に適用できるよう、実用化に向けた研究開発を進めていくとしている。

現在、製造予定および開発中の窓は次の通り。

  1. PARTITION(パーティション)シリーズ(2019年7月より製造販売予定)
    列車の内装用として、ガラスの両面に映像を表示することができる
  2. 軽量大型ワイドスクリーンタイプ(開発中)
    これまで複数画面だった列車扉上部の映像を一画面で途切れなく表示することができる
  3. 列車用窓バータイプ(開発中)
    大型ワイドスクリーンを窓ガラスの上部に組み込むことで、風景と共に映像を表示することができる
  4. 列車用窓透明タイプ(開発中)
    窓ガラスに透明ディスプレイを組込むことで、風景と共に映像を表示することができる
AGCは窓ガラスに透明ディスプレイを組み込む技術を世界に先駆けて開発
製造予定および開発中の窓について
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム