EC支援のSAVAWAYは今冬、約1000店舗の通販・EC事業者が利用する受注・在庫・商品一元管理システムの「サバスタ」を大幅リニューアルする。クライアントインストール型からクラウド型に移行し、名称も「SHOPSTAR」に変更。商品情報管理などそれぞれ単独で展開しているシステムも刷新後のサービスに一本化し、これにショッピングカート「コレカゴ Plus」を加えた2システムに経営資源を集中する。

「サバスタ」は、受注や在庫、商品情報と「SHOPSTAR」いった管理システムのパッケージサービスとして展開。現在約1000店舗が利用している。名称変更のほか、クライアントサーバー型からクラウド型のシステムに変更する。

大きく変わる点として、無料で利用できるプランを用意した。ECスタート時から低コストで多店舗展開をサポートできるようにする。共有サーバー上ながらカスタマイズも可能で、カスタマイズ後もバージョンアップが適用され続ける。

「SHOPSTAR」のロゴ

「SHOPSTAR」のロゴ

SAVAWAYは「easy ECS」「Power DO」などのシステムを提供するが、今後は「SHOPSTAR」に集約。来年には「コレカゴPlus」も刷新する予定で、カートと「SHOPSTAR」の2本柱で事業を展開する。

サービスの提供開始は2014年11月末を予定。10月20日から予約受付を開始している。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム