よろしければこちらもご覧ください

NHN PlayArtグループ傘下で、EC支援を手がけるテコラス(旧SAVAWAY)は2015年、従来の受注・在庫・商品一元管理システム「サバスタ」を大幅リニューアルし「TEMPOSTAR(テンポスター)」の提供を開始した。従来はASP系とインストール型を組み合わせたサービスだったが、リニューアルによりクラウド型のシステムとして提供している。EC支援の老舗が提供する「テンポスター」はどのようなEC事業者の課題を解決するのか。

テコラスが説明するECサイト運営を支援する「テンポスター」5つのポイント

ASP系やクライアントインストール型含め、業務管理システムを提供している各社の共通点は、ルーチン業務を短縮し、商品開発・企画・販促企画など本来やるべき業務に力を入れられること。バックヤード(受注処理、在庫管理、商品管理など)を自動化して効率化することで、ヒューマンエラーをなくし、売り上げアップにつなげることは各社共通していますよね。

一元業務管理システムの状況をこう話すのは、テコラス EC事業部エバンジェリストの徳山 友紀さん。このことを踏まえ、「テンポスター」の特徴を次のように説明する。

  • 売り上げが伸びるネットショップ作り
  • 管理画面が使いやすい
  • 優れた機能を簡単に使える
  • 安心のサポートサービス
  • 高負荷に耐える強力なインフラ
テコラスの一元管理システム「テンポスター」①
「テンポスター」の導入効果

「テンポスター」を使って、複数のECサイトへスピーディーに商品を出品することで、販売機会が増加。商品を出品する時間が予約できたり、自動で複数のECサイトの在庫を同期すること、受注や出荷処理といった業務も大半が自動的に行え、ミスがなくなるという。

こうした機能は簡単に利用できるよう、管理画面は初心者でも利用しやすい設計になっています。

またサポート体制も充実。電話サポートや導入企業向けの勉強会などを通じて、導入企業の売り上げアップをサポートする体制が整ったという。

NHNグループ傘下ということもあり、高負荷に耐える強力なインフラのもと「テンポスター」を提供。イベント・セール時の急激なトラフィック増加にも対応する

最近はヤフオク!連携、Amazon対応などでの需要が伸びている

各社が提供する一元管理システムの基本的な機能がほぼ横並びのなか、ネット通販・通販事業を行っている企業は「テンポスター」をどのような理由で選ぶのだろうか。

楽天市場の機能には完全に対応しているので選んでいただいています。

最近はヤフオク!との連携を前提に、システムの切り替え、新規にお申し込みいただくケースも増えています。「テンポスター」はヤフオク!のAPIと連携しているので、受注・在庫・商品の管理を他モールと同様に行えます。

次に評価いただいているのはAmazonへの対応です。Amazonは消費者を優先した仕組みのため、ユーザーが購入完了してから注文確定までの数十分間が「注文保留」の時間になっています。「テンポスター」はAPIで在庫情報をつなげているので、ユーザーが購入完了したタイミングで在庫を確保し、売り越しを防ぎます

テコラスの一元管理システム「テンポスター」②
テコラス EC事業部エバンジェリストの徳山 友紀さん

ほかにも導入企業から評価を得ているポイントを徳山氏は次のように話す。

「入金待ち」「引当待ち」などの注文状態の変更や、メール受注対応などの業務はほぼノータッチで処理を進めることができます。商品管理の面では、商品を出品する時間が予約できる機能も特徴です。「楽天マラソン」などのイベント時に、RMS(楽天市場の管理画面)を何度もチェックしなくてよいので、効率良くモール店を運営できるという声があがっています。

初期費用は0円、月額1万円から。スタートアップから年商数十億円まで幅広く対応

利用料金は、登録商品数や月間受注件数に応じた月額料金で、初期費用は0円。基本は、商品課金と受注課金の合計額が利用料金となる。最低月額費用は1万円。

テコラスの一元管理システム「テンポスター」③
「テンポスター」料金プラン。料金シミレーションについてはこちら

独立系のEC支援企業だったSAVAWAY(当時)がテコラスになったのは2015年1月1日付。データセンター・インターネット事業を手掛けるデータホテル(当時)と経営統合し、新会社「テコラス株式会社」のEC部門となった。

経営統合で大きく変わったのがインフラ運用や技術の活用だ。データホテルとの統合は、「インフラ面も含めたシステムの提案」ができるようになったことと、「大量のトラフィックも効率的にさばく技術力・技術スタッフ」を確保できるようになったことも大きな効果だという。

導入後に受注件数が約2倍に増えた事例も

テコラスの一元管理システム「テンポスター」④
「テンポスター」の実績

ファッション小物ショップ

導入したのは、メーカー商品を扱うバッグや財布のセレクトショップ。実店舗も運営している。導入後の効果は次の通り。

  • 5月度は受注2000件で、6月は4000件の受注
  • スタッフ2名で1日300件の受注に対応

「テンポスター」の導入で、郵便番号と住所が一致しない場合や希望する届け日に配達ができないなどスタッフのチェックが必要な注文、必要としない注文情報を自動で分けることができるようになった。

送り状発行システムとの連携により伝票の手書きが不要となったことも加わり、従来は目視で確認していた注文も必要な分だけ確認するようになった。自動化により受注業務を短縮できたという。

工具メーカー/卸売

電動ドリルや電動カッターなどの電動工具を扱うECサイト。導入後の効果は次の通り。

  • 出品商品数が100点増加し、受注件数も導入前の223%に

複数ネットショップへの商品登録・商品反映が一括で行える機能を活用し、商品担当者の業務時間を削減。これまでできなかった商品の出品がスピードアップした。商品数の増加により、消費者の購買機会が増え、売上アップにつながったという。

またAPIを利用して、「楽天市場」や「Amazon.co.jp」などのモールの受注情報を自動的に取得。従来は手作業で処理していた注文を「テンポスター」で処理することにより、受注業務の時間を短縮し、ミスやクレーム発生の防止につながっているという


機能概要調査
企業社名テコラス株式会社
サービス名TEMPOSTAR(テンポスター)
サイトURLhttp://tempostar.net/
ターゲット利用EC企業の年間EC売り上げ規模500万円 ~ 100億円
現在の導入社数(※既に解約している企業は含まない)非公開
現在システムを利用しているECサイト名(3サイトまで)
費用導入費用(円)0円
月額固定費(円)1万円~
システム提供形態ASP型
最大同時クライアント数無制限
1日当たりの最大処理伝票数約8万件
対応しているモール楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazon、ヤフオク!、DeNAショッピング、ポンパレモール
対応しているショッピングカートコレカゴplus、マルチドメインカート
楽天APIとの連携の可否
定期注文対応の可否×
頒布会注文対応の可否×
サンクスメール・発送完了メールの送信の可否
同梱処理の可否
顧客管理の可否
過去の対応履歴の書き込み・閲覧の可否×
プロモーションコード管理の可否×
メール共有の可否×
CTI対応の可否×
出荷指示データ出力の可否
ピッキングリスト出力の可否
納品書の印刷の可否
送り状印刷ソフト用CSV出力の可否
注文データ分析の可否×
発注管理発注データ手動作成の可否
発注データ自動作成の可否×
発注書出力の可否×
発注データCSV出力の可否×
発注残管理の可否
利益計算の可否×
在庫管理商品データ一括管理の可否
ECサイト在庫数量一括更新の可否
セット品在庫更新の可否
入出庫管理の可否
在庫変更履歴の確認の可否
在庫CSVアップの可否
POSとの連携の可否×
出品管理サイトへの商品掲載の可否
他店舗展開時の商品データの複製の可否
モールへの商品画像アップの可否
説明文中画像アップの可否×
ソフトへの一括画像アップの可否
一括項目変更の可否
商品ページプレビュー機能の可否
特徴アピールポイントTEMPOSTAR(テンポスター)は複数ネットショップの商品一元管理、在庫連動、受注一括処理により、ネットショップ運営を効率化できます。
特徴は、商品情報の変更を予約できます。在庫数の連動は、各モールと定期的に同期し販売できる数以上を受注するミスは発生しません。 受注処理は、自動で受注を受け、メールを自動送信できます。
これら特徴を持つTEMPOSTARなら、作業が効率化し大幅に業務時間を削減できます。
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

記事カテゴリー: 
記事種別: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム