よろしければこちらもご覧ください

オートバックスセブンが、オンラインとオフラインの連動などデジタル化を加速している。

公式ECサイト「オートバックスドットコム」を8月1日にリニューアルし、店頭連動を強化。2020年秋には、消費者との“つながり”を強化するための新アプリをリリースする予定だ。

カー用品ジャンルは通販専業事業者も参入し、競争環境が激化している。デジタルチャネルの充実が重要な課題となっており、オートバックスは2019年に経営計画「5ヵ年ローリングプラン2019」を発表。注力ポイントの1つとして「お客さまとのリレーションを高めるオンラインネットワーク」作りをあげた。

「5ヵ年ローリングプラン2019」を実現する1つの方法が、車を利用するシーンに合わせたサービス提供。オンラインを軸に6つのネットワークを確立し、連携させる計画を掲げている。

オートバックスは2019年に経営計画「5ヵ年ローリングプラン2019」を発表
オンラインを軸に6つのネットワークを確立し、連携させる(画像は決算説明会資料からキャプチャ)

その一環としてECサイトをリニューアル。従来、ECサイトで注文し店頭で商品を受け取る場合、支払いは店舗で行う仕組みだった「店頭受取」を、オンライン上で決済できるようにする。

また、従来は店頭受け取り時に本人確認と注文画面の提示が必要だったが、そのフローをデジタルで改善。電子スタンプを導入し、スマートフォンで受け取り確認画面を提示するだけで受け取りを完了できるようにする。

オートバックスは電子スタンプを導入し、スマートフォンで受け取り確認画面を提示するだけで受け取りを完了できるようにする
電子スタンプの仕組み

システムはSAPジャパンが提供する「Commerce Cloud」を採用して開発した。新ECサイトのゴールイメージは、「1人ひとりのお客さまが抱えている課題を解決するために最適な価値(商品、シーン、タイミング)を提案しつづけるECサイト」。

2020年秋にはアプリを刷新し、顧客と常にデジタルを通じてつながる環境を構築する。簡単ログイン機能、店舗ごとの独自コンテンツ配信、車検証QRを読み取ることで、車両情報をデータ化する機能などを搭載する。

オートバックスセブンの新アプリの概要
新アプリの概要(画像は決算説明会資料からキャプチャ)

オートバックスは2020年5月、三菱商事グループのカーフロンティアと戦略的提携を締結。タイヤの購入から取り付け予約までネット上で完結するタイヤECサイト「TIREHOOD」を運営するBEADに出資し、今後はBEADの共同運営者として、タイヤECサイト「TIREHOOD」の事業を推進する。

インターネットによる事業開発・サービス開発と、オートバックスチェーンの店舗網・技術力を融合。ドライバーに対するサービスの向上と新たなサービスの提供をめざす。「TIREHOOD」の全国4000以上の取り付け拠点とのネットワークを構築するとしている。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム