よろしければこちらもご覧ください

ベルーナは11月24日付で、C Channel子会社で「神戸レタス」を展開するアパレルEC企業のマキシムを買収する。C Channelから全発行済株式を16億5000万円で譲り受け、完全子会社化する。

ベルーナはここ数年、専門領域の通販・ECを強化するため特定ジャンルに特化したEC企業などの買収を進めている。2019年にインポートブランド品のEC事業を手がけるアイシーネット、2016年には大きいサイズのアパレルECを手がけるミン、ジュラン、Rinを買収。2015年にはキッチン用品ECサイト「daily-3(デイリースリー)」を運営する丸長を子会社化している。

専門通販事業は、食品やワイン、化粧品、サプリメント、看護師向け用品など特定ジャンルにこだわった通信販売事業。各事業、専門分野でのシェアNo.1をめざす戦略を掲げ、特定ジャンルに属するネット通販企業の買収などを進めてきた。2020年3月期における専門通販事業は連結売上高の27.7%を占め、主力の総合通販事業に次ぐ規模となっている。

ベルーナの専門通販事業
専門通販事業について

マキシムの買収について、ベルーナは「グループに迎え入れることで、商品開発ノウハウ・マーケティングノウハウ・顧客基盤の相互活用などを通じて成長力をさらに促進できるものと判断した」としている。

なお、マキシムはベルーナが展開するECファッションECモール「RyuRyu mall(リュリュモール)」に出店しており、取引関係がある。

ベルーナは11月24日付で、C Channel子会社で「神戸レタス」を展開するアパレルEC企業のマキシムを買収
マキシムが運営する「神戸レタス」

マキシムの売上高は56億円、経常利益は1.3億円

マキシムの2020年3月期における売上高は56億7041万円。営業利益は1億2070万円、経常利益は1億3434万円、当期純利益は9162万円。

C Channelがマキシムを買収したのは2017年のこと。2018年3月期の売上高は38億4800万円、営業利益は1億2100万円、当期純利益は1300万円。買収から3年で売上規模は1.5倍程度に拡大した。

「神戸レタス」を運営するマキシムの業績推移
マキシムの業績推移

なお、C Channelの2020年3月期連結売上高は74億4900万円で、「メディア事業」「海外事業」「eコマース事業」の合算数値。

C Channelは動画メディア、SNSやインフルエンサーなどを活用した女性向けマーケティングに加え、インフルエンサーマーケティングソリューション「Lemon Square」に経営資源を集中していく。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム