よろしければこちらもご覧ください

上新電機はネットと実店舗を連動させた次世代の買い物スタイルコーナー「スマートショップ(スマショ)」を「ジョーシン北野白梅町イズミヤ店」(11月27日オープン)に導入する。多様化する顧客のライフスタイルに対応するのが目的。

「スマショ」は、専用の注文用タブレット端末を用いて「ネット通販だけでは1人で決められない」「ネット通販でのクレジットカード決済に抵抗がある」「店舗では限られた商品しか置いていない」といった顧客の不満を解決する「次世代の買い物スタイルを提供するコーナー」。

上新電機はネットと実店舗を連動させた次世代の買い物(タブレット端末を使用)を実現するスタイルコーナー「スマートショップ(スマショ)」を導入
「スマショ」を提供する専用コーナーのイメージ

店頭に置いた専用端末「スマショ」で注文した商品は、そのまま店頭で決済でき、商品は自宅に配送する。

会員カード「ジョーシンカード」から配達に必要な情報を呼び出せる仕組みを採用、手軽に買い物が完了する環境を用意する。注文に困ったことがあれば、従業員を呼んで気軽に接客を受けることもできるようにする。

注文用タブレット端末では、家電商品以外にも「お米・飲料水・ペットフード」といった非家電商品約20万点の品ぞろえを用意。重い商品を店舗から自宅まで持ち帰ることなく、手ぶらで快適に買い物が楽しめるようにする。

上新電機はネットと実店舗を連動させた次世代の買い物(タブレット端末を使用)を実現するスタイルコーナー「スマートショップ(スマショ)」を導入
「スマショ」の画面イメージ

店頭での支払いとなるため、ジョーシンカードや共通ポイントカードの進呈対象となり、アプリのクーポンも利用できる。現金支払い、クレジットカード、スマホ決済といったさまざまな決済に対応、店舗での買い物と同様のサービスを提供する。

今後、「注文用タブレット端末による取り扱いアイテムの拡充」「スマショコーナー導入店舗の拡大」などを進め、買い物全体の利便性向上の実現をめざす。

上新電機の2020年3月期連結業績によると、EC売上は前期比4.8%増の571億3400万円。連結売上高に占めるネット販売の構成比を示すEC化率は13.8%。

今期(2021年3月期)は、楽天と「楽天市場」「楽天ポイントカード」の連携強化を通じたO2Oビジネスをスタート。211店舗の実店舗で、「楽天市場」と「楽天ポイントカード」を活用したポイント付与キャンペーン施策を定期的に実施している。

上新電機は、1億人以上の会員基盤を抱える楽天会員を活用し、オンラインとオフラインの店舗へ送客を図っていく。

楽天と「楽天市場」「楽天ポイントカード」の連携強化を通じてO2Oビジネスをスタート
楽天とのO2Oについて(画像は決算説明会資料からキャプチャ)
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]