よろしければこちらもご覧ください

アダストリアは3月19日、グループ公式のECサイト「.st(ドットエスティ)」で、商品やイベントなどを短尺動画で紹介するショートビデオ接客を開始した。

コーディネートや着こなしテクニック、イベントなど、さまざまな情報をショップスタッフが自ら撮影・編集・投稿する短尺動画でわかりやすく伝える。

短尺動画の特性に合わせた連続再生も可能。「予期せぬ商品に出会う」という店頭のような買い物体験を提供する。

アダストリアはこれまで、ショップスタッフがスタイリングを投稿する「STAFF BORD(スタッフボード)」、SNSのライブ配信によるオンライン接客などで顧客接点を増やしてきた。ショートビデオ接客を顧客との新たなコミュニケーションの場にし、人と人のつながりを感じるプラットフォームとして提供していく。

アダストリアはグループ公式のECサイト「.st(ドットエスティ)」で、商品やイベントなどを短尺動画で紹介するショートビデオ接客を開始
ショートビデオ接客のイメージ

ショートビデオ接客はFANATICが提供するオンライン接客ツール「ザッピング」を導入して、実現した。「ザッピング」は、FANATICとJolly Geneが共同運営するサービスで、Webサイトや通販サイト上にショートビデオを掲載できるツール。

短尺動画ごとの成果や投稿した販売員1人ひとりの成果も可視化できるため、正確な評価や隠れた才能の発掘にも利用することが可能。投稿した短尺動画をそのままインスタグラムに投稿することもできる。

導入はHTMLタグを埋め込むだけ。初期費用は33万円(税込)、月額5万5000円(税込)から利用できる。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]