よろしければこちらもご覧ください

tensoなどを傘下に抱えるBEENOSは、2021年上半期の越境ECの消費動向を振り返る「BEENOS 2021年上半期 越境ECランキング」を発表した。日本発、海外で売れている商品ジャンルは「ホビー」「ファッション」。商品別では「パンフラワー用ハサミ」が1位で、上位10位には「おうち時間」を充実させる商品が多数ランクインした。

2大ジャンル・商品ランキングは、BEENOSの子会社tensoが運営する越境ECサポートの代理購入サービス「Buyee(バイイー)」の購買データに基づいて抽出したデータから決定している。

「ホビー」「ファッション」が越境EC2大ジャンルに

「BEENOS 2021年上半期 越境EC二大ジャンル」では、「ホビー」「ファッション」を選出した。日本で人気のアニメの世界的ヒットや、トレーディングカードが数千万枚単位で海外で取引されるなど、日本のコンテンツを「推す」傾向が消費に現れたという。

BEENOS Buyee 越境EC 2021年上半期越境ECランキング 二大ジャンル
2021年上半期 越境EC2大ジャンルは「ホビー」「ファッション」

趣味性の高いロングテール商材は越境ECにおいて需要が高くなる傾向があり、「ホビー」商品は越境ECとの相性が良く、流通に結びつきやすいという。

特に2021年上半期はトレーディングカードの需要が高まり、特典カードが入った限定商品が人気を集めた。ピクシブが運営するマーケットプレイス「BOOTH」では、世界的にも有名なVTuberのグッズが好評だったという。

ファッションジャンルでは、特にストリートファッションブランド、日本のデザイナーズブランドが人気だった。

コロナの影響受け「日本推し」消費傾向

2021年上半期、日本では好きなアーティストやアイドルを応援する「推し活」が活発になり、海外にも広がったという。

理由として、ステイホームにより、日本のコンテンツに接する時間が増えてファン層が広がったことや、コロナの影響でDXが急速に進み、コンテンツを通じてボーダーレスに世界のファンがつながり、コミュニティ内の熱狂が消費を動かしたことがあげられる。

「おうち時間」充実商品が商品別ランキング上位に

BEENOS Buyee 越境EC 2021年上半期越境ECランキング 商品別ランキング
2021年上半期 越境EC商品別ランキング

「BEENOS 2021年上半期 越境EC商品別ランキング」の1位は、パンフラワー(小麦粉の粘土細工)用、刺繍用、化粧用として使える「パンフラワー用ハサミ」。2位は小型ポンプ、ファン、モーターなどの防振・除振に使用される「軽量用防振ゴムKXBシリーズ」だった。

3位と5位には越境ECで人気のある「ホビー・カルチャー」商品がランクイン。5位が釣り具「ASA015ハゲ皮サビキ」だったことに対し、BEENOSは「ソーシャルディスタンスを保てるアウトドアの世界的な人気を象徴した結果になった」とコメントした。

4位と8位には食品関係がランクインした。4位に「日清 スーパーカメリヤ ドライイースト(お徳用)」が入ったことに対し、「世界的なステイホームで需要が高まっているドライイーストで、海外でもパン作りやお菓子作りで在宅時間を充実させているようだ」とBEENOSは分析する。

今回の発表に際し、BEENOSは次のようにコメントした。

越境ECの大きな消費傾向として「ホビー」や「ファッション」など希少性の高いロングテール商品が人気を集めるなか、商品別ランキングでは定番商品がランクインするなどインバウンド需要のオンライン化、手芸用品や食料品が売れたことからおうち時間の充実といった新型コロナウィルスの影響による消費傾向が継続して表れたのが2021年上半期でした。

2021年下半期には、世界各国のワクチン接種が進み、いよいよアフターコロナの世界が訪れ、その影響が今後の越境ECの消費動向にも表れることが想定されます。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

藤田遥

ネッ担編集部

保険系SE→ECサイト運営を経て、編集未経験でインプレスに入社し、ネットショップ担当者フォーラム編集者に。カレーとコーラが好き。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 
タグ: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]