よろしければこちらもご覧ください

ヤマト運輸は宅急便に、180サイズ、200サイズを新設する。2021年10月4日から運用をスタート。宅急便の規格を超える荷物の発送サービス「ヤマト便」を10月3日荷受け分で廃止する。

180サイズ(180センチメートル以内)、200サイズ(200センチメートル以内)を新たに設定する。180サイズ・200サイズともに重量は30kgまで。1辺の長さは170センチメートルが取り扱い上限。

ヤマト運輸は宅急便に、180サイズ、200サイズを新設する 宅急便新サイズ表(10月4日以降)
宅急便新サイズ表(10月4日以降)

EC利用の拡大で小型の荷物だけではなく、地方の米や特産品、家具・家電など大型商品のEC購入が増えており、事業者側が宅配時に送る荷物サイズも多様化している。ヤマト運輸はこうした変化に対応する。

宅急便の上限サイズは160サイズで、それ以上の大きい荷物は「ヤマト便」(3辺合計200センチメートルまで、30kgまで)で扱ってきた。新サイズの新設で「ヤマト便」は廃止する。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]