CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)ベンダーのライムライトは、自社のグローバルなCDN上で「Layer0 プラットフォーム」をリリースした。「Layer0 プラットフォーム」は、業界初のJSベースのエッジプラットフォームという。

開発チームは最大2倍のスピードで製品をリリースすることができるようになり、エッジをブラウザに拡張することでページロードを1秒未満に短縮できるとしている。

ライムライトは、「それまで使っていたWebのCDNやセキュリティベンダーを強化したり置き換えたりすることで、ページロードの高速化とコスト削減を実現し、ゼロオプスやエッジプログラミングへの劇的な変化に対応できる新機能を、開発チームに提供する」と説明している。

米国の靴販売Shoe Carnival、高級ファッションKate Spadeなどが「Layer0 プラットフォーム」を導入。開発者の生産性が向上し、Webサイトのトラフィック、コンバージョン、収益が増加したという。

Salesforce Commerce CloudのECプラットフォームを使用しているShoe CarnivalのECサイトでは、モバイルデバイスで計測したページロード時間は5秒から1秒未満に短縮したとしている。

※記事初出時にタイトルと本文に誤りがあり、12/6 15時に修正いたしました。

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]