Googleが公表した「Google トレンド」から2021年を振り返る生活動向についてのレポートによると、日本では「セール いつ」の検索が80%増加するなど、オンラインサービス利用でお得な情報や割引などで支出を減らそうとするユーザーが増えている。

公表したレポートは、「Google トレンド」から2021年の日本とアジア太平洋地域(中国を除く)の生活動向を振り返ったもの。2020年に浸透したオンラインサービス利用の著しい増加は、新型コロナウイルス感染症の影響による一過性のもので終わることなく、2021年もさまざまな領域で持続している。

日本では「セール いつ」の検索が80%増加、その関連ワードの上位にECサイト名が複数あることから、お得なオンラインショッピングを求めているユーザーが増えている。またアジア太平洋地域のインド、シンガポール、マレーシア、インドネシア、ベトナムでは、「お得な情報」「割引」「クーポン」の検索が110%以上伸びた。

Googleが公表した「Google トレンド」から2021年を振り返る生活動向についてのレポート
お得な情報や割引などのオンラインサービスを探し、支出を減らそうとする人が増えている

2021年時点では、アジア太平洋地域(中国を除く)の生活者の約半数が、必要なものがオンラインで購入できる場合、店舗に行く必要はないと考えている。オンラインショッピングの浸透で、生活者はより進化したサービスに期待するようになっているという。

日本では、「ライブコマース」の検索が75%以上増加。よりインタラクティブで多くの情報を得られるようなショッピング体験に関心が高まっている。

オーストラリア、ニュージーランド、マレーシア、フィリピン、インドで特徴的なのは配送に対する期待の高まりで、「当日配送」の検索が最大70%増加。インド、タイでは「無料配送」の検索関心が最大60%増加している。

Googleが公表した「Google トレンド」から2021年を振り返る生活動向についてのレポート
買い物もデジタルシフトが進んでいる

アジア太平洋地域(中国を除く)では、オンライン人口の半数以上がオンラインで誰かにプレゼントを買ったことがあり、その割合は世界のどの地域よりも高いとされている。

日本ではデジタル上でのギフト体験を模索する様子が見られ、「オンライン・ギフト」の検索が40%増加している。インドネシアでも、「ギフトボックス」「スナックギフトボックス」の検索が増加。オーストラリアでも同様に、ギフトの配送に関する検索が20%増加している。

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]