よろしければこちらもご覧ください

Adobe(アドビ)は年末商戦のネット売上高をまとめた「Adobe Digital Index Online Shopping Data」を発表、米国の感謝祭(11月の第4木曜日、2014年は11月27日)のネット通販売上高は、2013年と比べると25%増の13億3000万ドルだった。このうち日本は3億3700万ドルで全体の約25%を占めた。

ブラックフライデー(感謝祭の翌日、2014年は11月28日)は、2013年比24%増の24億ドル。日本は3億3100万ドルで全体の約14%を占めた。

サイバーマンデー(感謝祭明けの月曜日、2014年は12月1日)は、同16%増の26億5000万ドルで過去最高を記録。日本は4億800万ドルで全体の約15%を占めたという。

アドビが実施した2014年米国の年末商戦のEC売上高について

アドビが実施した2014年米国の年末商戦のEC売上高調査

2014年の年末商戦の特徴はモバイルショッピングの躍進。感謝祭で全体の29%(2013年は21%)を占め、ブラックフライデーでは27%(2013年から3ポイント増加)だった。サイバーマンデーは19%。

ブラックフライデーでは、スマートフォン(スマホ)の売上高に占める割合は13%まで増加。2013年が全体の7%だったため、約2倍に増えている。

ソーシャルネットワーク経由で直接発生した販売の平均注文額(AOV)も調べた。それによると、Facebookが114.45ドル。第2位はPinterestの93.20ドル、Twitter経由は90.74ドル。AOVの成長率が最も高かったのはPinterestで、前年同期比16%増だったという。

小売業トップ25社の売上高の伸び率なども調査。歳末商戦シーズン(2014年は11月1日~12月1日)を通してのネット売上高は20%増の96億ドル。総売上高は同14%増の379億ドルに達したという。

「Adobe Digital Index Online Shopping Data」は、「Adobe Marketing Cloud」を活用している4500の電子商取引サイトを対象に、4億回以上の訪問によって集計した匿名データを分析。米国の小売業者上位500社のオンラインショッピング支出額の10分の7以上を占めるデータを測定している。

調査概要は以下の通り。

実施期間:2014年9月から12月1日
調査ツール:Adobe Marketing Cloud(Adobe Analytics、Adobe Mobile Services)
調査対象:小売、メディア、エンターテイメント、金融サービス、旅行など4500の電子商取引Webサイト

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム