Eコマース支援の、いつも.は12月から、「Amazon.co.jp」の検索結果ページに広告を掲載できる「Amazonスポンサープロダクト」の運用代行サービスを始めた。蓄積したキーワード広告の運用ノウハウを生かして、EC事業者によるアマゾンでの売り上げアップを支援する。

「Amazonスポンサープロダクト」はアマゾンが9月から始めた広告サービスで、1クリック2円からのクリック課金型のキーワード広告として展開。アマゾンの大口出品サービスに登録している法人の利用が可能で、掲載できる商品はアマゾン内で販売しているものに限られる。

いつも.では、11月からEC企業に対して、「Amazonスポンサープロダクト」の運用代行を試験的に実施。成果があがったことから、アマゾン出品者に向けてサービス提供を始めた。

サービス内容は、ヒアリング、週1回の単価調整(月4~5回)、キャンペーン設定、分析レポートの提出(月1回)、広告グループの作成、定例ミーティング(月1回)など。

アマゾンではこれまで、主体的に売り上げを伸ばす仕組みがなかったため、出品者はアマゾン内で自社の商品に誘導するマーケティングができなかった。

「Amazonスポンサープロダクト」を使って売り上げを伸ばしたい、広告運用をアウトソーシングしたいEC事業者のニーズを開拓する。

初期設定費用は5万円(税抜)。運用手数料は、1か月間の広告費が25万円以上の場合、広告費の20%(税抜)、広告費が25万円未満の場合は5万円(税抜)。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム