よろしければこちらもご覧ください

高島屋は1月19日、スマートフォンのカメラを発行するカタログに掲載した商品画像にかざすと高島屋オンラインストアの商品詳細ページに移動し、商品を購入できるようにする専用アプリ「高島屋カタログスキャン」の配信を始めた。店舗やネットなどさまざまな販売チャネルを融合したオムニチャネル化を推進する取り組みの一環。

消費者は「高島屋カタログスキャン」をダウンロードし、カタログに掲載された商品をカメラでかざすと、高島屋のECサイトでその商品を購入できるようになる。

高島屋によると、「店舗に出向くことなく、また、改めてオンラインストア上で検索をするなどの手間を省くことができ、利便性が向上する」としている。

「高島屋カタログスキャン」の仕組み

「高島屋カタログスキャン」の仕組み

アプリは日本電気(NEC)が提供する画像認識技術「GAZIRU(ガジル)」を活用して開発した。ガジルは、対象部の画像を登録したデータベース(ECサイトなどへの誘導リンクなどの情報)をNECのクラウド上に置き、アプリとして提供するもの。利用する企業はデータベスを作成するだけで、画像認識技術を活用したECサイトへの誘導などが行えるようになる。

「高島屋カタログスキャン」の仕組みは、アプリで認識し抽出した画像の特徴データだけをネット経由で送信するため、商品にアプリをかざすと瞬時に照合し、結果を表示するという。

高島屋は商品在庫や顧客情報の一元化で、店舗とネットの品ぞろえ共通化や相互利用の拡大をめざしている。今後、オムニチャネル化のインフラの1つとして、他のカタログへの対応などを進めていく。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]