ショッピングモール「ポンパレモール」を運営するリクルートライフスタイルは、「母の日」にプレゼントを贈る側ともらう側の双方を対象に意識調査を実施した。もらう側である母がプレゼントで欲しい物は「メッセージカード」が分かるなど、興味深い結果が判明した。EC業界では消費増税後の消費の冷え込み対策として、母の日企画に力を入れる企業が多い。イベント直前に迫っている中、購入率や購入単価アップのための施策として、アンケート調査結果をもとに母の日企画をテコ入れする余地がありそうだ。

アンケートは、プレゼントを「もらう側」である女性300人(40~60歳代)と、「贈る側」である男女500人(20~30歳代)を対象に、インターネットを通じて調査した。

贈る側に「自分の母親に何をプレゼントしたいか」という設問では、1位がカーネーション、2位がスイーツ、3位がブリザードフラワーという結果に。一方、もらう側の母に「子供からもらえるとしたら何がいいか」の問いには、「メッセージカード」が1位。そして、カーネーション、スイーツが続いた。

「自分の母親に何をプレゼントしたいか」という設問では1位がカーネーション

「自分の母親に何をプレゼントしたいか」という設問では、1位がカーネーション

「子供からもらえるとしたら何がいいか」の問いには、「メッセージカード」が1位だった

「子供からもらえるとしたら何がいいか」の問いには、「メッセージカード」が1位だった

こうした結果をもとにリクルートライフスタイルは、「カーネーション」「スイーツ」と「メッセージカード」をセットでプレゼントすると、母側が喜ぶだろうと分析している。

既婚女性204人を対象にプレゼントの予算感を調査した結果では、1位が3000円台、2位が2000円台、3位が5000円台となった。最高額では、母親に対して2万~2万5000円、義母には1円~1万5000円という結果が分かった。

「夫からプレゼントをもらえるとしたら何が欲しいか」という設問も実施。1位は「スイーツ・お菓子・ケーキ」で、「外食」「旅行」と続いた。カーネーションなどの花は10位以下で、リクルートライフスタイルは「『花より団子』という奥さんの本音が表れた結果となった」としている。

「夫からプレゼントをもらえるとしたら何が欲しいか」という設問の1位は「スイーツ・お菓子・ケーキ」

「夫からプレゼントをもらえるとしたら何が欲しいか」という設問の1位は「スイーツ・お菓子・ケーキ」
担当編集者のコメント: 

消費増税後、4月に売り上げが落ち込んでいるEC企業が多いと聞く。消費者の消費意欲を喚起し、落ち込んでいる売り上げを前年同月の水準まで戻すための施策として、母の日企画に注力するEC企業が多いだろう。

贈る側の意識、プレゼントをもらう側の意識を把握し、企画を練ることは釈迦に説法だが重要な要素。既に企画が進んでいたり、母の日キャンペーンを始めている企業は多い。調査結果をもとに、企画の練り直しなどのテコ入れ、再考を検討してみるのもお勧めしたい。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム